芸能

アンゴラ村長“破局”は当然の結果?「これが始まりの始まり」と期待の声!

 男女お笑いコンビ「にゃんこスター」のアンゴラ村長が、相方で恋人のスーパー3助とついに破局に至ったようだ。2月4日付の「NEWSポストセブン」にて、3助が同棲していたマンションから出ていったと報じられたもの。2人は交際を公言しつつ、破局したらコンビも解散と宣言していたが、その後にアンゴラ村長は別れた場合でも「コンビは頑張っていこう」との意向を示していた。

 そんな破局劇について、お笑い業界に詳しいライターは「当然の結果」だと断罪する。二人の別れは、どんどん大人になっていく女性と一向に成長しない男性という、世間によくあるカップルの末路そのものだというのだ。

「結成わずか5カ月で『キングオブコント2017』準優勝を果たし、ほとんど下積みもなく人気者になったにゃんこスター。その時点でのアンゴラ村長は、芸人としてはまあまあ可愛いルックスを持ちつつ、実力面では素人に毛の生えた程度の駆け出し芸人に過ぎませんでした。ただ得意とする縄跳びのレベルは高く、芸歴だけは長くてくすぶっていた3助の軽妙なトークとの奇跡的な組み合わせから、おなじみの『リズムなわとび』が生まれたのです。そこから2年以上が過ぎたいま、落第レベルだった村長のトーク力は『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)などを通じて鍛えられ、縄跳びの腕前はさらに向上。親しみやすいルックスもあいまって子供向けの縄跳び教室は大盛況で、本人はますます自信をつけています」

 それに対して3助のほうは相変わらずピン仕事の需要はなく、夜な夜な飲みに出てはお笑い論を語るとされる姿は、まるで売れない劇団員さながら。食器を洗わないアンゴラ村長への不満を語る姿には、〈つーかお前がやればいいだろ〉と嘆いたファンも少なくなかったはずだ。

 そんな3助と村長の格差は、2人のインスタグラムを見比べれば一目瞭然だという。

「3助はかつて紙芝居ネタを多数投下していましたが、不条理ネタの体をまとった作品はいずれもドスベってばかり。最近はネタを作る気力も萎えたのか、なぜか私服公開がメインとなっています。それに対してアンゴラ村長のインスタには手書き絵本が頻繁に登場。当初は3助同様にスベってばかりだったものの、最近はクスリと笑えたりちょっとほろっとするような気の利いた作品が増え、腕前をメキメキと上げているのです。駆け出し芸人だった3年前には3助のフォローが必要だった彼女も、今では中堅芸人としての実力を身につけており、永遠の中堅芸人に留まる3助をもはや抜き去ったのは明らかでしょう」(前出・お笑い系ライター)

 そんなアンゴラ村長にとって今回の破局は終わりの始まりならぬ、「始まりの始まり」になるのではないかというのだ。お笑い系ライターが続ける。

「リズム縄跳びという唯一無二の持ちネタには3助の協力が必要でしたが、現在のアンゴラ村長はピン芸人としてやっていける実力も人脈も備えています。縄跳びこそ彼女のライフワークですから手放さないものの、今後はそれに頼らない新しいネタも開拓していくはず。そうなれば、いずれは《アンゴラ村長って昔は男女コンビだったらしいよ》という時代も到来しそうです」

 我々はいま、そんな新時代に突き進むアンゴラ村長の“始まり”に立ち会っているのかもしれない。(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
テレ朝・安藤萌々、2年目で見せ始めた“Dバスト”の「本領発揮」!
5
広瀬すず、“前かがみ美バスト写真”で飛び交った「ネメシス」視聴者の願いとは?