芸能

鈴木杏樹“謝罪文面”と喜多村緑郎“夫婦仲”の矛盾の先に「底なしドロ沼」!?

 2月6日発売の「週刊文春」が報じ、大きな話題となった女優の鈴木杏樹と俳優の喜多村緑郎の不貞関係。

 同誌によると、鈴木と喜多村は昨年10月の舞台共演をきっかけに親密になったとのことで、海辺でキスをする写真や、ホテルに行った様子などが掲載された。

 喜多村は歌舞伎界から劇団新派に入団し、二代目喜多村緑郎を襲名。プライベートでは元宝塚歌劇団のトップスター貴城けいと結婚している一方、鈴木は外科医の夫と2013年死別している。

 そんな2人は2月6日、それぞれ事実関係を認めるコメントを発表しているのだが、鈴木のコメントの一部が注目を浴びた。

〈今年に入って、お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました。しかし、まだお別れが成立していない現状、今回の軽率な行動を真摯に反省し、今後皆様に御迷惑をおかけすることのないよう慎みます〉

この〈お相手から独り身に──〉の部分がネット民をザワつかせ、「言い訳がましい」「相手の奥さんが傷つくことを言う必要はなかった」と辛辣な指摘が相次いだのは周知の通り。だが、一方で「事実であれば問題ない」との鈴木よりの意見も上がるなど、さらなる物議を醸しているのだ。

 となると気になるのは喜多村が本当に貴城に対し、別れ話を切り出していたかどうか。妻帯者の男が不貞相手に「妻とうまくいっていない」「別れるつもり」というのは常套句だ。

「貴城さんのブログを“掘って”みると、昨年のクリスマスには《お家でまったり主人と食事しました》と、彼女の手づくりと思われるカマンベール鍋とチキンとケーキの画像が投稿されています。大みそかには《先日番組でもお話した主人の実家にお邪魔した時と、本日自分の実家のお写真です》と、おたがいの実家で撮影した画像を載せています。貴城さんは笑顔で写っていますし、とても別れ話があったようには思えません」(夕刊紙記者)

 具体的に離婚に向けた動きはなかったと推測されるが、そもそも喜多村はどんな人物なのか。

「歌舞伎時代からとにかくモテるそうで、女性も貢ぐことを厭わない甘え上手なタイプだとか。貴城さんも夫の役者活動を金銭的な面でも支えていると聞いています」(前出・夕刊紙記者)

 両者の謝罪コメントでは、2人が今後どうするかには触れていない。成り行き次第ではまだまだドロドロした展開が待っている可能性も否定できないだろう。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫
5
「安倍国葬」裏で勃発!銃撃事件映画を巡るラサール石井と三浦マイルド「罵倒応酬」