芸能

鈴木杏樹“謝罪文面”と喜多村緑郎“夫婦仲”の矛盾の先に「底なしドロ沼」!?

 2月6日発売の「週刊文春」が報じ、大きな話題となった女優の鈴木杏樹と俳優の喜多村緑郎の不貞関係。

 同誌によると、鈴木と喜多村は昨年10月の舞台共演をきっかけに親密になったとのことで、海辺でキスをする写真や、ホテルに行った様子などが掲載された。

 喜多村は歌舞伎界から劇団新派に入団し、二代目喜多村緑郎を襲名。プライベートでは元宝塚歌劇団のトップスター貴城けいと結婚している一方、鈴木は外科医の夫と2013年死別している。

 そんな2人は2月6日、それぞれ事実関係を認めるコメントを発表しているのだが、鈴木のコメントの一部が注目を浴びた。

〈今年に入って、お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました。しかし、まだお別れが成立していない現状、今回の軽率な行動を真摯に反省し、今後皆様に御迷惑をおかけすることのないよう慎みます〉

この〈お相手から独り身に──〉の部分がネット民をザワつかせ、「言い訳がましい」「相手の奥さんが傷つくことを言う必要はなかった」と辛辣な指摘が相次いだのは周知の通り。だが、一方で「事実であれば問題ない」との鈴木よりの意見も上がるなど、さらなる物議を醸しているのだ。

 となると気になるのは喜多村が本当に貴城に対し、別れ話を切り出していたかどうか。妻帯者の男が不貞相手に「妻とうまくいっていない」「別れるつもり」というのは常套句だ。

「貴城さんのブログを“掘って”みると、昨年のクリスマスには《お家でまったり主人と食事しました》と、彼女の手づくりと思われるカマンベール鍋とチキンとケーキの画像が投稿されています。大みそかには《先日番組でもお話した主人の実家にお邪魔した時と、本日自分の実家のお写真です》と、おたがいの実家で撮影した画像を載せています。貴城さんは笑顔で写っていますし、とても別れ話があったようには思えません」(夕刊紙記者)

 具体的に離婚に向けた動きはなかったと推測されるが、そもそも喜多村はどんな人物なのか。

「歌舞伎時代からとにかくモテるそうで、女性も貢ぐことを厭わない甘え上手なタイプだとか。貴城さんも夫の役者活動を金銭的な面でも支えていると聞いています」(前出・夕刊紙記者)

 両者の謝罪コメントでは、2人が今後どうするかには触れていない。成り行き次第ではまだまだドロドロした展開が待っている可能性も否定できないだろう。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談