芸能

内藤洋子「アメリカ移住で絵本作家に転身」

 黒澤明監督の「赤ひげ」に抜擢され、一躍「永遠の美少女」と絶賛された内藤洋子は今、喜多嶋洋子(63)の名で在米の童話作家として知られるようになった。絶頂期の70年に音楽家・喜多嶋修氏と結婚、引退。めったにマスコミの取材は受けないという彼女を国際電話で直撃した。

──04年の「天使の羽音~山鳩からの贈り物」で絵本作家デビューして、最近作は07年の「ホーじいさんとヤムの桃」ですね。

「女優をやめてから絵本を出したので絵本作家と言われてしまったけれど、私自身は作家とは思っていないんです。職業=お母さん業をしながら、いろんなモノを作ったりするのが好きなんですね。今はね、もちろん絵を描くのは大好きですけども、子供服や縫いぐるみを作ることに集中しております(笑)。それは孫たちのためのプライベートなものなんですけど、デザインして形にすることが大好きなんですね。孫は次女の娘です。今2歳になって、かわいくてしかたないんですよ。長男と次女がこちら(アメリカ)に住んでいまして、長女の(女優・喜多嶋)舞だけが東京にいるんです」

──子供服を喜多嶋洋子ブランドにして売り出されたらいかがですか。

「そういうことも考えますよ。とにかくシンプルでかわいいものをクリエイトして、他の子供たちにも着せて『おっ、これはかわいい!』と思えるものをいっぱい増やしたいんですね。だから、次は絵本作家じゃないかもしれない」

──絵本作家になったのはなぜですか。

「小さい頃から、私はお絵描きごっこと作り話が大好きだったんです。それがたまたま結び付いたのかもしれません。絵は指にタコができるくらいイタズラ描きしていました。学校で読書感想文の宿題が出ると、頭と最後と真ん中だけ読むんです。あとは想像して感想を書いてしまうのね。だから、まぁ‥‥想像力はあったと思うんだけど(笑)。

絵本を描いた直接のきっかけは母なんですね。母は私が女優をやめてしまったことに本当にガッカリしていまして、結婚してからも、また女優として出てほしいと言われていたんです。だから、『私、テレビや映画に出ていくのは自分の感性に合わないから、じゃあ絵本を描くね』と答えたんです。だから、最初の作品は母に贈るつもりで描きました。でも、完成を待たずして母は亡くなった。でもね、その思いがあって描けたと、母には感謝しています」

──女優時代は、ドラマ「氷点」などの話題作が続きました。個人的には、挿入歌「白馬のルンナ」が大ヒットした「その人は昔」が忘れがたくて‥‥。

「私もそうかもしれない。『伊豆の踊子』も『あこがれ』も大好きですけれど、自然界と接している時がいちばん私らしかったんです。私がお芝居できるコじゃなくて、まだ子供だったし、生き生きとしていられたのがいちばん思い出に残っているんです。『その人は昔』は撮影地が北海道でしたね。海岸を馬に乗って走ったり、休憩時間にすずらん畑でくつろいだのが忘れられないです。楽しかった~」

──歌手の舟木一夫さんと共演して、いろんな歌を歌っていました。

「あれは恥ずかしいです、本当に。歌手の人と一緒に映画に出てしまったのが間違いのもとで。本当に『恥ずかしいから歌いたくない』と言ったのですが、監督の松山善三先生(作詞も担当)にこうアドバイスされたんです。『詩を読むつもりで自分の気持ちを入れなさい。それにリズムがついているだけだから。歌を歌うんじゃなくて、セリフの一部だと思って』と。だから『白馬のルンナ』に関しては、馬に語りかけるように、しゃべっているような歌い方をしたから、逆に楽だったんですね」

──今聴いても、この曲は傑作です。すばらしいですよ。

「そうですか、いやだ~。今の時代、舞ちゃんが『お母様は歌手だったんですよね』と言われたことが何回もあって、赤面しちゃうの。女優だったと言われても恥ずかしいのに“歌手”は勘弁してください(笑)」

おばあちゃまになっても愛らしさはまったく変わらないのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
5
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?