芸能

キンコン西野、「新作絵本」で作画担当者の権利をないがしろにして批判殺到

20160704nishino

 お笑い芸人から絵本作家への転身を宣言したキングコングの西野亮廣。今秋には新作絵本の『えんとつ町のプペル』を発売するが、その制作において作画担当者の権利をないがしろにしているとの批判が沸き起こっている。

 西野は自身のブログにて7月1日、新作絵本で自らは「監督・脚本・絵コンテ」を担当し、実際の絵はイラストレーターの六七質氏を中心とした製作スタッフ陣が描いていることを明かした。その西野は昨年7月、フェイスブックにて「誰が作ったかなんて、本当はどうだっていい」との持論を披露していたが、その考え方に出版社の書籍担当者は大いに疑問を感じるという。

「今回の絵本では西野だけでなく、作画を担当した六七質氏も著作権を持っています。その六七質氏は自分の名前を公表する権利の『氏名表示権』を持っているので、西野が六七質氏の意向を無視して『誰が作ったかどうでもいい』と言い張るのは本来おかしな話なんですよ」

 著作権法の定めによると、六七質氏は西野の意思と関係なく、自分の名前を出すかどうかを決めることができる。だが著作権についての知識がないのか、西野はとんでもないことも主張していたようだ。前出の書籍担当者があきれた様子で続ける。

「フェイスブックにて西野は『スタッフは(自分から)絶対に言わないし』と前置きした上で、作画が六七質氏であることを暴露。これは、名前を公表しない権利でもある『氏名公表権』を明らかに犯しており、著作権の軽視もはなはだしいですね」

 人の権利はないがしろにしつつ、自分が監督役だということはきっちりとアピールしている西野。しかし絵本作家を名乗るからには、作画担当者の著作権を侵害することは許されないということも、しっかりと頭に叩きこんでおくべきだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山口達也に続きさんまも「標的」に!? 泰葉の“便乗商法”に世間はウンザリ
2
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
3
“下腹部のスジ”見えた!? フジ鈴木唯、脚開き連発に男性視聴者が大興奮
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?