芸能

ノンスタ石田にもカラまれていたケンコバ/坂下Dの「地獄耳」芸能

 前回は、カジサックことキングコングの梶原雄太の“隠れ武闘派”エピソードを紹介したが、隠れ武闘派は他にもいた。NON STYLEの石田明だ。またも絡まれたのはケンドーコバヤシだった。

 石田は梶原の相方、キングコングの西野亮廣と仲がよく、たまたま西野とケンコバは同じマンションに住んでいた。それで石田にとって、ケンコバの住むマンションは知らない場所ではなかったらしい。それはともかく、ケンコバは、「オレがマンションから降りて、コンビニ行こうと思ってエントランス出たら、石田が『なんじゃ、コラーっ!』ってかかってきてん。『あ、石田や』って思ってんけど、石田がどうやらオレとは認識してへんくて。ムカついて。襟の辺り全部握って、地面にバーンッてやって『なんや、コラッ!』って。知り合いだとわからずに飛びかかってきたから、よけいに危ないねん」と、緊迫の瞬間を再現してみせた。石田の相方の井上裕介も、こう証言していた。

「あいつの親父なんか、毎日、ケンカして帰ってきてんから。石田が酔っ払って人をドツくのそれやもん。すごいドツくよ。今はマシにはなったけど、若い頃はヒドかったもん。昔、劇場で花見しようってなって。バーッて飲んでて、意識ある状態で、千鳥の大悟さんにケンカ売りに行ったから。ボッコボコにされてたけどな」

 梶原にしろ、石田にせよ、大事件にならなくて良かったと胸をなでおろすばかり。いずれにせよ、ケンコバは、ケンカを売られやすいタイプなことが判明した形だ。

坂下ブーラン(さかした・ぶーらん)=筆名=:1969年生まれのTVディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティ番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYoutTube動画を制作、視聴回数の爆発をめざし奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫