芸能

遠野なぎこ「鈴木杏樹に激高」で「鈴木はすごく計算高い」の声まで出る理由

 女優でタレントの遠野なぎこが2月19日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に出演し、俳優の喜多村緑郎との不貞が発覚した女優の鈴木杏樹の態度に物申している。

 過去には鈴木と共演したこともあるという遠野だが、こと不貞報道については容赦なく先輩へ激昂。報道陣から不貞に関するコメントを求められた際の鈴木の“表情”が気に食わなかった様子で、「この人さ、舞台終わって報道陣の前に出てきたでしょ? 笑ってたでしょ? 杏樹さん。どの写真見ても完全に笑ってるんですよね」と切り出し、「私、ちょっと…共演経験もあるので、本当にがっかりしましたね」と笑みを浮かべながら鈴木の態度を一喝した。

 また、喜多村が妻・貴城けいと別れるつもりだという言葉を信じてしまったという鈴木の釈明についても、遠野は「(離婚すると)信じたなら、なぜ待てないの? 矛盾してるじゃないですか、言ってることとやってることが。私、こんなひどいことないと思う。これ、奥さんが報道見たらどう思います? 人の家庭壊しといてふざけんなよ」と語調を強めた。が、杏樹の人柄に関しては「良い人なんですよ、良い人なんです。柔らかくて雰囲気変わらなくて、たぶん天然ぽい方なんだけど、やっぱり大人としてやって良いこと、許されること、許されないことってありますからね」とも語っている。

「芸能界では過去に共演経験があったり、プライベートで親交の深い仲間の不祥事には寛容なコメントを残すケースも散見されますが、男女のもつれや不貞に関して、遠野はいっさいの容赦がなく、しっかりと鈴木の“軽い表情”を見逃しませんでした。もちろん鈴木が姿を現したのは不貞騒動とは関係のない舞台への出演によるものですし、共演者からはやつぎばやに不貞をネタにするようなイジりがありましたから、鈴木が笑顔にならざるを得ない環境や事情もあったでしょう。しかし、不貞をされた側の貴城はひどく体調を崩しているとも伝えられていることから、ネットでは『ヘラヘラ笑いながら報道陣の前に現れたのは正直、印象悪かった』『これは鈴木杏樹が不謹慎だったと思う』『遠野さんは忖度せずに、その場で言いたいことを臆することなく言える姿はすごい』『鈴木杏樹はキレイだけど、腹の底ではものすごく計算高くて自己中心的な人だと思ってます』と鈴木を咎める声が大半でした」(テレビ誌ライター)

 謝罪文で〈お相手から独り身になるつもりでいるというお話があった〉というまさかの“カウンターパンチ”を見舞っていた鈴木だけに、そもそも今回の不貞騒動をそれほど猛省するつもりがないのかもしれない…?

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)