芸能

真木よう子、主演ドラマ「ファーストラヴ」で脇を固めた女優陣に食われまくり!?

 2月22日に放送された第159回直木賞に輝いた島本理生による同名小説を原作とするドラマ「ファーストラヴ」(NHK BSプレミアム)。公認心理師の主人公・由紀を真木よう子、父親を殺害した女子大生・環菜を上白石萌歌、その母親・昭菜を黒木瞳が演じた。

 父親を殺害した環菜(上白石)のルポを書くために、由紀(真木)が彼女の家庭環境をカウンセリングしているうちに自分の過去とも向き合うことになるこのヒューマンミステリー。来年には北川景子主演の映画としても公開される。ちなみ北川はこの役を演じるにあたり、昨年11月にショートカットに変身したことで話題となった。

「若い世代から支持されている島本氏の作品を丁寧に描いたドラマでしたが、ネット上では主演の真木に対して厳しい声が多数あがっているようです。その多くが『主演は真木ではなく上白石』との指摘でした」(女性誌記者)

 上白石といえば、2月6日放送の「ごごナマ」(NHK)に出演していた本人によると、「ファーストラヴ」は今年1月2日に放送された「義母と娘のブルース 2020謹賀新年SP」(TBS系)と同時期に収録されていたそうだ。午前中に「ファーストラヴ」の撮影のために血糊で手を汚し、午後には洗ってもなかなか取れない爪の間に入り込んだ血糊を隠すようにして「ぎぼむすSP」の撮影に臨んだこともあったという。

「『ごごナマ』で明かしたエピソードが物語るように、上白石は今や引く手あまたの女優です。また、上白石演じる環菜の母親を演じた黒木も出番こそ多くありませんでしたが、娘が心に闇を抱えても当然だと思える説得力のある母親像をみごとに表現。女優として勢いのある上白石とベテラン女優の黒木に挟まれた真木ですが『どんな役を演じてもいつも同じ』『毎回セリフが棒読み』『まるで女優の中に放りこまれた素人』『演技を勉強して』といった批判の声が続出しています」(前出・女性誌記者)

 本作では胸を揺らして走るシーンがなかった真木。次回作ではぜひ見せてほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!