芸能

深田恭子×綾瀬はるか「張り合うバスト」20年史(4)バスト戦争は今後も続く

 追い詰められた綾瀬は11年の公開映画「プリンセストヨトミ」(東宝)で「奇襲」を仕掛ける。

 会計検査院の女性調査員に扮した綾瀬は、「大阪国」と豊臣家の末裔の秘密を探るために、胸を大きく揺らして大阪の町を激走する。

「バストが上下左右に暴れる様子を、あらゆるアングルやスローモーションで捉え、約4分間に76回もの大激震を見せたのです」(芸能記者)

 邦画の歴史を塗り替えた綾瀬の猛追に対して、アラサーの「熟黄金期」を迎えた深田は、写真集で反撃に打って出る。

「30代になって7冊を刊行。特に16年は『This Is Me』と『AKUA』が大ヒットし、3冊目の『Reflection』(すべて集英社)は、深田の胸や尻のアップばかりで構成されていた。バストサイズはそのままで、ウエストがキュッと引き締まり、スリムに進化。本人もボディに自信を持っていて、打ち合わせでは自分から『もっとお尻を見せたい』など、セクシーポーズを提案しています」(出版関係者)

 先輩のエロスに対する姿勢を見習ったのか、グラビア時代は水着の仕事を嫌がっていたという綾瀬も、今年1月に発売したフォトエッセイ「ハルカノイセカイ02 ハワイ編」(講談社)で、ビキニショットを披露して反撃に転じる。

「世界10都市を食べ歩くシリーズで、『01』の台湾編では露出が少なく売り上げ部数も伸びなかった。そこでハワイ編ではビキニだけではなく、豊満な谷間や股間のアップ写真を載せて勝負に出ています」(出版関係者)

 30代を過ぎても体型をキープしながら露出度を増す綾瀬を尻目に、アラフォーを迎えた深田は巨乳に加えて妖艶なフェロモンを醸し出すようになっていた。

「2月6日に開かれた『2020年第44回エランドール賞』の授賞式で、新人賞を受賞した横浜流星(23)を祝福するため、サプライズで登場。谷間全開ドレス姿があまりにエロすぎて会場がどよめきました。横浜に花束を渡してハグで悩殺したのですが、その間、一度も目線をそらさないんです。あれで落ちないオトコはいないでしょう」(芸能記者)

 両者エロ進化の真っ最中。20年にわたる「巨乳戦争」に決着はつけられない!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ