芸能

天才テリー伊藤対談「岡田紗佳」(3)ユニホームでの対局は真剣勝負!

テリー 紗佳ちゃんは男性とおつきあいすると、どういう女の子になるの。

岡田 あんまり変わらないですね。ゲームやアニメが好きなので、休み時間も女の子と一緒にいるより、男子とゲームを楽しむタイプだったので。

テリー そういう距離感が男子にはたまんないんだよね。甘えるタイプ?

岡田 どちらかといえば、いろいろやってあげたくなるタイプでしょうか。

テリー お、何をやっちゃうの。

岡田 困っていることなら何でも。「宿題? やっとくよ!」みたいな感じで。

テリー ハハハ、そういう特典なのか。

岡田 あと、ゲーム仲間の関係だったら、アイテム集めをやってあげたり。

テリー 部活の延長みたいな恋愛だなァ。でも大学生になったら、さすがにもっと大人のムードを楽しんだんじゃないの。

岡田 それが全然。モデルの仕事も始まったうえに、1年生の時には「ZIP!」に出演していて、あまりに忙しすぎて、そんな余裕はなかったんです。

テリー ああ、男なんかにかまけている暇が作れなかったわけだ。

岡田 そもそも出られない授業も多いので、「それ以上休むと単位が取れないよ」となるところまでギリギリ働いて、その分、多めに宿題をやって何とかした感じでしたから。

テリー 本当に勉強が好きなんだね。ところで話をまた麻雀に戻すけれど、プロ雀士って今、何人ぐらいいるの。

岡田 ざっと何千人、くらいのレベルですね。大きい団体が2~3あって、さらに地方にもありますし。女性のプロ雀士もけっこう多くて、たぶん全体の2~3割ぐらいだと思います。

テリー わぁ、そんなにいるのか。じゃあ、勝ち残っていくのも大変だ。ちなみに、プロ雀士の収入って、どのぐらいなんですか。

岡田 2年前に競技麻雀の「Mリーグ」が発足しまして、チームに所属するMリーガーの年俸は最低400万円に設定されているんです。私も昨年から「KADOKAWAサクラナイツ」というチームに所属しています。

テリー (タブレットでMリーグの公式HPを見ながら)なるほど、博報堂やコナミみたいな8つの会社がチームを作っていて、総当たり戦で優勝を目指すと。1チームには何人所属しているの。

岡田 うちは3人編成ですけれど、4人のチームもあります。

テリー ボウリングの「Pリーグ」なんかだと、選手はかわいいユニホームを着ているでしょう。Mリーグはどうなの。

岡田 うちのユニホームは胸にチーム名が入った、ピンクとブルーを基調にしたウエアです(と、チームのHPを見せる)。

テリー なんだ、水着じゃないじゃない。

岡田 いやいや、チームメイトには65歳の男性(沢崎誠九段)もいるので、水着はヤバいですって(笑)。

テリー 残念。俺だったら女の子の胸の谷間に牌を挟んで、「こんなところにもパイがあるんだ、盲牌しなくちゃ」なんてやっちゃいそうだけどな。

岡田 対局は真面目なものですから、そんなことをやったら、完全にアウトですよ(苦笑)。もっともバラエティー番組だったら、ドレスみたいな格好でやることはありますね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し