社会

「食べるならどっち!?」名指し告発本の戦慄内容(2)成分表示の チェックが不可欠

 同書では、「うまい棒チーズ味」(リスカ)と「じゃがりこサラダ」(カルビー)も対決している。

 この勝負は「じゃがりこ」に軍配が上がった。

「うまい棒」の最大の敗因は、表示にある甘味料(スクラロース)にあった。

「スクラロースは砂糖の600倍の甘さがあり、今までの人工甘味料と比べ、味が砂糖に近いのです。そのため、近年の食品加工業界では大ヒットしている添加物です。ただ、もともと自然界には存在しない物質であるということを忘れてはいけません」(前出・遠嶋氏)

 人間が作り出した有機塩素化合物なのだ。他にも、アセスルファムK(カリウム)が代表的な自然界にはない甘味料だ。かつて、人工甘味料ではサッカリン酸Na(ナトリウム)の発ガン性が疑われ、大きな話題となった。この2つの甘味料の問題点はどこにあるのか。

「スクラロースやアセスルファムKは体内で分解できません。つまり、人間の体にとっては異物となります。そのため、それらを分解しようとする肝臓や腎臓に負担がかかるとも、免疫力の低下を招くとも言われています」(前出・遠嶋氏)

 海外の動物実験では、スクラロースを妊娠したウサギに強制的に食べさせた結果、流産や死亡したケースもあるという。さらに、脳にも影響を及ぼす動物実験例もあるという。

 一方で、こうした甘味料は体内で分解できないため、「カロリーオフ」や「ノンシュガー」となり、健康志向の人々が好む商品に添加されていることが多い。同書で朝食代わりに、栄養補給に食べられているゼリー飲料も比較しているのだが、それが好例である。「ウイダーinゼリーエネルギーイン」(森永製菓)と「クラッシュタイプの蒟蒻(こんにゃく)畑ライトマスカット味」(マンナンライフ)の勝負は、スクラロースを使用している「蒟蒻畑」が敗北した。

 さらに、同書の豆乳対決はおもしろい結果となった。「おいしい無調整豆乳」(キッコーマン飲料)と「進化型 調整豆乳」(同)を比較している。当然、「進化型」のほうが体にいいと思えるが、実際はアセスルファムKを使用している「進化型」が〈ダメ〉となっている。表の商品名だけではなく、成分表示のチェックは不可欠なのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(上)
2
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(中)
3
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
明石家さんま“ユーチューバー嫌い”でも「水溜りボンド」だけは心許したワケ