芸能

三浦知良を育てた不肖の父の正体(3)カズの“異母兄弟秘話”

 納谷氏の「ブラックダディ」ぶりは、これだけにとどまらない。

 ごく一般的には包み隠しておきたいようなことでも、この男は平気で公開してしまうのだ。

 話を日本時代に戻そう。

〈宣雄は複数の女性と付き合いがあり、その中の一人は子どもを生んでいた。知良の異母兄弟に当たる男の子を連れて、堂々と散歩しているというのも耳に入ってきた。まだ幼い知良たちはどんな気持ちで見ているのだろうと聖司(納谷氏の兄=編集部注)は暗い気持ちになった〉

 ところが、そんな複雑な状況にもかかわらず、カズは異母弟を大切にしていたという。

 93年に写真週刊誌「フライデー」の直撃を受けて、当の異母弟自身が、

「小学校の頃は週3回ぐらい会って、よく遊びました」

 と、通常ではありえない“異母兄弟秘話”を明かしている。

 納谷氏の周囲は、どんどん数奇な運命に巻き込まれていった。

 周知のように、カズは高校を中退してブラジルへと飛んだことでプロとして花開いたが、呼び寄せたのは先に現地で生活していた納谷氏である。

 必死の努力を続けたカズのサクセスストーリーと、先にも触れた納谷氏のビジネスでの成功が並行していった。

 カズが日本人として初めてブラジルでプロ契約選手になって活躍するにつけ、ブラジル人選手を日本に送り込む代理人にもなった納谷氏はブラジルサッカー界に一大人脈を築き上げていった。

「納谷さんは『ブラジルでは知良より俺のほうが有名だ』とよく口にします。実際、ブラジルに取材に行くと、往年の名選手たちからカズさんを差し置いて『納谷は元気か?』と言われることはありますね」(田崎氏)

 そんな納谷氏が各クラブと交渉したことで、カズはブラジル各地を渡り歩いていったのだ。もちろんチャンスをものにしたのはカズ自身の力量だが、田崎氏はこうつづっている。

〈ブラジルには才能ある若手選手が溢れている。その中で、日本人選手がブラジル人を押しのけて試合に出るのは並大抵なことではない。そこで日本のクラブと繋がりのある宣雄は大きな力となった。日本のサッカー界は金銭的に恵まれており、ブラジル人選手にとっては確実な年俸が保証される国だった。(中略)宣雄は有形無形の圧力を掛けることが多かった。知良は宣雄の後押しを受けて、競争の激しいブラジルサッカー界を勝ち抜いた〉

 そんな納谷氏の人脈に、レバノン生まれのエリアス・ザクーという人物がいた。74年にFIFA(国際サッカー連盟)会長選挙に立候補したブラジル人、ジョアン・アベランジェを当選させたと言われる選挙参謀だ。

 第三諸国から国際組織の長が選ばれるのは異例のことであり、アフリカ大陸にはスーツケースいっぱいの札束を運んで票を獲得したとまで言われている人物である。

 93年、日本代表が勝てばW杯出場が決まるイラク戦を観戦するために、納谷氏はカタールの首都・ドーハを訪れた。試合の前日、宿泊するホテルのコーヒーショップで旧知のザクーと再会したという。

〈ザクーは宣雄に顔を近づけた。

「日本は勝ちたくないか?」

「そりゃ勝ちたいさ」

「この大会の審判関係者を知っている。非常に親しい人間だ」

(中略)宣雄は興奮した。すぐにチームに帯同していたサッカー協会の人間に連絡をとった。(中略)ちょっと検討させてくれという男に宣雄は苛立って、付け加えた。

「当然アラブの国々も同様のルートを持っている。(中略)向こうが金を払うならば、こっちも払う。それでイーブンで公平な笛になる」〉

 サッカー協会の人間がその話に乗ることはなかったという。

 結果はロスタイムにコーナーキックから同点ゴールにつなげられての引き分け。有名な「ドーハの悲劇」である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し