芸能

真木よう子、「ボディライン強調」姿でバーに現れ屈強大男にテキーラを“強要”!

 芸能関係者の間で「酒豪女王」として名前が挙がるのは、人気女優の真木よう子。アラフォーになっても「女王様強要」で男たちを従えていた!

 06年に出演した映画「ゆれる」(シネカノン)で第30回山路ふみ子映画賞新人女優賞を受賞して以来、脚光を浴び続ける真木。その一方、私生活は酒豪で知られている。

「ストレスを発散させるように朝まで飲むことも珍しくなかった。17年の主演ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)では、撮影をドタキャン。その理由は体調不良とされていますが、お酒の飲みすぎが原因だったというのがもっぱらです」(芸能関係者)

 その翌年には、歌舞伎町のホストクラブで高級シャンパンや高級ワインを入れて、一晩で2000万円ほど使ったと女性誌で報じられている。さながら昭和の大物俳優のような豪快さだが、マスコミの間ではマジギレエピソードも有名だ。

「約3年前、飲食店で真木が週刊誌の記者と鉢合わせになった。その夜は真木の機嫌がよかったこともあり、『このことを書かない約束にして無礼講で!』と同じテーブルで飲むことに。しかし、その輪にいた記者の一人が会話内容をこっそりスマホで録音。その行為が真木にバレて罵声を浴びせられたんです」(前出・芸能関係者)

“ルール”を破った記者が怒られるのは当然とはいえ、そのタンカは震え上がるほどの迫力だったという。

 そんな真木もアラフォーになり、飲み方に変化が見られるように。昨年春、「東京カレンダー」3月号の取材でこう答えている。

〈歳を重ねて店のレパートリーは増えつつも、反比例して、最近は以前ほど外へ繰り出さなくなりました。飲みに行く店だって、もはやウーロンハイがあればどこでもいい(笑)〉

 このまま酒豪伝説は幕を閉じるのか、と心配したのも束の間、昨年夏にはこんな姿を目撃されていた。

「都内のバーに、体育会系らしき屈強なイケメンを10人くらい引き連れて入店してきました。真木さんを囲むように男たちが座り、なるべく周囲に見られないようにガードしていましたが、ボディラインを強調したワンピースを着ていたので、その爆裂バストに目が釘づけになっちゃいました。真木さんはウーロンハイをハイペースで飲んでホロ酔いになると、男たちにテキーラのショットを勧めて、『飲め、飲めー』という感じで盛り上がっていた。男たちもうれしそうでしたが、真木さんがいちばんノリノリで、従わせている姿は女王様にしか見えなかったですね」(常連客)

 この先も、豪快な逸話を残してくれそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「全裸監督」に続く!?松本まりか主演“前貼りなし”過激作品に期待の声
2
三吉彩花、ちょっと動いたらバストがこぼれそう!心配の声も出たジッパー衣装
3
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
4
広瀬すず、「“バスト突出”タンクトップ姿」で飛び交ったファンの期待!
5
テレ朝・森川夕貴、「夕方の顔」でバストより注目の“テーブル下”下半身ゾーン