芸能

真木よう子、「ボディライン強調」姿でバーに現れ屈強大男にテキーラを“強要”!

 芸能関係者の間で「酒豪女王」として名前が挙がるのは、人気女優の真木よう子。アラフォーになっても「女王様強要」で男たちを従えていた!

 06年に出演した映画「ゆれる」(シネカノン)で第30回山路ふみ子映画賞新人女優賞を受賞して以来、脚光を浴び続ける真木。その一方、私生活は酒豪で知られている。

「ストレスを発散させるように朝まで飲むことも珍しくなかった。17年の主演ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)では、撮影をドタキャン。その理由は体調不良とされていますが、お酒の飲みすぎが原因だったというのがもっぱらです」(芸能関係者)

 その翌年には、歌舞伎町のホストクラブで高級シャンパンや高級ワインを入れて、一晩で2000万円ほど使ったと女性誌で報じられている。さながら昭和の大物俳優のような豪快さだが、マスコミの間ではマジギレエピソードも有名だ。

「約3年前、飲食店で真木が週刊誌の記者と鉢合わせになった。その夜は真木の機嫌がよかったこともあり、『このことを書かない約束にして無礼講で!』と同じテーブルで飲むことに。しかし、その輪にいた記者の一人が会話内容をこっそりスマホで録音。その行為が真木にバレて罵声を浴びせられたんです」(前出・芸能関係者)

“ルール”を破った記者が怒られるのは当然とはいえ、そのタンカは震え上がるほどの迫力だったという。

 そんな真木もアラフォーになり、飲み方に変化が見られるように。昨年春、「東京カレンダー」3月号の取材でこう答えている。

〈歳を重ねて店のレパートリーは増えつつも、反比例して、最近は以前ほど外へ繰り出さなくなりました。飲みに行く店だって、もはやウーロンハイがあればどこでもいい(笑)〉

 このまま酒豪伝説は幕を閉じるのか、と心配したのも束の間、昨年夏にはこんな姿を目撃されていた。

「都内のバーに、体育会系らしき屈強なイケメンを10人くらい引き連れて入店してきました。真木さんを囲むように男たちが座り、なるべく周囲に見られないようにガードしていましたが、ボディラインを強調したワンピースを着ていたので、その爆裂バストに目が釘づけになっちゃいました。真木さんはウーロンハイをハイペースで飲んでホロ酔いになると、男たちにテキーラのショットを勧めて、『飲め、飲めー』という感じで盛り上がっていた。男たちもうれしそうでしたが、真木さんがいちばんノリノリで、従わせている姿は女王様にしか見えなかったですね」(常連客)

 この先も、豪快な逸話を残してくれそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
深田恭子、「UQ三姉妹」新CMで圧巻バストがさらに際立って見える理由!
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
肉体関係トークも原因?フジが「松本人志の元カノ・常盤貴子」をスルーしたワケ
5
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ