社会

K-1の強行開催に県民が「本当に『翔んで埼玉』になるぞ」と激怒!

 日本全国に大型イベントの自粛ムードが広がる中、3月22日に格闘技イベント“K-1”の「ケイズフェスタ3」がさいたまスーパーアリーナで開催。西村康稔経済再生担当相や大野元裕埼玉県知事による自粛要請をぶっちぎっての“強行開催”となった。

 そのK-1に対しては各方面から<1ミリも賛同できない>や、<一人でも感染者が出たら格闘技全体が崩壊する>といった激烈な批判が寄せられている。そして開催地となった埼玉県でも、県民が激怒しているというのだ。

「埼玉県民からは、K-1主催者が埼玉県民の安全や評判をないがしろにしているとの批判が噴出。強行開催により埼玉県自体に悪評が立ってしまうことも懸念されており、このままでは東京都との都県境が封鎖されてしまうと心配する県民も少なくありません。3月20~22日の三連休には大阪府と兵庫県の間で“往来の自粛”が呼びかけられましたし、県民からは《荒川が渡れなくなる!》《京浜東北線も埼京線も止まるのか…》といった心配の声も出ていました」(週刊誌記者)

 そのような<埼玉封鎖>とも呼べそうな状況を、ある人気映画になぞらえる空気もあったという。

「2019年2月に公開された映画『翔んで埼玉』では都県境に関所が設置されており、埼玉県民は東京に渡るために通行手形が必要。東京に不法侵入した埼玉県民は武装警備員による“埼玉狩り”に遭ったり、埼玉に“サイタマラリヤ”という風土病があるなど、その内容は新型コロナウイルスに感染した埼玉県民が東京から迫害される姿を想起させるというのです。そのため、K-1の強行開催が原因で『翔んで埼玉』の世界が現実化すると警鐘を鳴らす県民も現れる始末となっています」(前出・週刊誌記者)

 原作マンガや映画の「翔んで埼玉」にクレームをつける埼玉県人はいなかったそうだが、K-1の強行開催にクレームが殺到するのは無理もないことかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
スジ見えた?岡副麻希「めざまし」卒業日も見せてくれた美ヒップ体操の爪痕