社会

K-1の強行開催に県民が「本当に『翔んで埼玉』になるぞ」と激怒!

 日本全国に大型イベントの自粛ムードが広がる中、3月22日に格闘技イベント“K-1”の「ケイズフェスタ3」がさいたまスーパーアリーナで開催。西村康稔経済再生担当相や大野元裕埼玉県知事による自粛要請をぶっちぎっての“強行開催”となった。

 そのK-1に対しては各方面から<1ミリも賛同できない>や、<一人でも感染者が出たら格闘技全体が崩壊する>といった激烈な批判が寄せられている。そして開催地となった埼玉県でも、県民が激怒しているというのだ。

「埼玉県民からは、K-1主催者が埼玉県民の安全や評判をないがしろにしているとの批判が噴出。強行開催により埼玉県自体に悪評が立ってしまうことも懸念されており、このままでは東京都との都県境が封鎖されてしまうと心配する県民も少なくありません。3月20~22日の三連休には大阪府と兵庫県の間で“往来の自粛”が呼びかけられましたし、県民からは《荒川が渡れなくなる!》《京浜東北線も埼京線も止まるのか…》といった心配の声も出ていました」(週刊誌記者)

 そのような<埼玉封鎖>とも呼べそうな状況を、ある人気映画になぞらえる空気もあったという。

「2019年2月に公開された映画『翔んで埼玉』では都県境に関所が設置されており、埼玉県民は東京に渡るために通行手形が必要。東京に不法侵入した埼玉県民は武装警備員による“埼玉狩り”に遭ったり、埼玉に“サイタマラリヤ”という風土病があるなど、その内容は新型コロナウイルスに感染した埼玉県民が東京から迫害される姿を想起させるというのです。そのため、K-1の強行開催が原因で『翔んで埼玉』の世界が現実化すると警鐘を鳴らす県民も現れる始末となっています」(前出・週刊誌記者)

 原作マンガや映画の「翔んで埼玉」にクレームをつける埼玉県人はいなかったそうだが、K-1の強行開催にクレームが殺到するのは無理もないことかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
深田恭子、「UQ三姉妹」新CMで圧巻バストがさらに際立って見える理由!
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
肉体関係トークも原因?フジが「松本人志の元カノ・常盤貴子」をスルーしたワケ
5
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ