スポーツ

地方球場の続々利用禁止で高校野球「夏の甲子園大会」はどうなる?

 センバツ大会中止だけではなく、いよいよ「夏の甲子園大会」にも新型コロナウイルスの影響が及びそうだ。

 沖縄県が途中打ち切りを決断したのを皮切りに、全国の高校野球・春季大会が次々と中止に追い込まれている。学校が休校となっている以上、野球だけを特別扱いするわけにもいかない。止むを得ない措置ではあるが、「このままだと夏の甲子園大会も厳しい」といった声も聞こえてきた。

 各競技大会、スポーツ興行の厳しい状況は変わらないが、これが「夏の甲子園大会」まで続くとなれば、日本中に与える影響ははかりしれない。

「神奈川県では、『サーティーフォー保土ケ谷球場』が8月末まで利用禁止と決まりました。同球場では、県大会の開会式(7月11日)と決勝戦(同29日)が行われる予定だったんです。もともと神奈川県は横浜スタジアムで開・閉会式を行ってきましたが、東京五輪の会場となるため、神奈川県高野連が苦慮を重ねて横浜スタジアムなしのスケジュールを編成していた。しかし、その代替えのメイン球場が使えなくなってしまいました」(新聞記者)

 一連のウイルス騒動が終息することが大前提だが、大会運営の大幅な見直しはもちろん、休校措置が延長され練習自体できない学校も多いという現状が、ここに来て重くのしかかってきている。5月20日には高野連の運営委員会が招集されるが、夏の甲子園大会をやるのかどうか、開催するなら球場をどう確保していくのか、ここで方向性を示す必要がある。高野連の小倉好正事務局長はこの運営委員会を指して、「どこまでお伝えすることができるか」(4月8日時点)と苦しい状況を吐露していた。

 夏の甲子園大会は、普段野球に関心のない人も故郷を思い出す“郷愁のイベント”でもある。地方球場の利用禁止は大打撃を与えそうだ。(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”