社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<虫垂炎>「急激な腹痛よりも風邪と胃腸炎がサイン」

 急な右下腹部の痛みに「もしかして盲腸?」と不安になったことがある人も多いのでは。この場合は、ほとんど虫垂炎ではない。これは炎症が原因で数時間から数日かかかるのが一般的で、痛みの前にさまざまな前駆症状があるからだ。

 主な症状は、「風邪っぽい」「みぞおちあたりが痛い・モヤモヤする」「食欲不振・おなかの張りや吐き気」「微熱」などだ。

 かつて「盲腸(炎)」と呼ばれていた「虫垂炎(急性虫垂炎)」は、盲腸の先の突起部分「虫垂」が炎症を起こした病気。原因は、糞便や異物、先天的な形態異常、腫瘍、感染症などによって、虫垂の内腔がふさがり、細菌が増殖して炎症が発症することに起因する。

 虫垂炎は乳児にはマレで、10代後半から20代に多く見られるが、基本的にどの年齢層でも発症する。

 やっかいなのは、診察と血液検査だけでは診断が難しいことだ。そのため、CTや超音波のないクリニックや医院で「虫垂炎の可能性がある」と診断されても、実際には虫垂炎ではなかったというケースは多々ある。また、医師に「風邪」「胃腸炎」と言われたものの、実は虫垂炎だったというケースもある。

 最近の治療では、虫垂炎は切らずに、薬で散らすのが一般的だ。超音波検査やCTによる診断の精度が上がったことも理由の一つ。さらに、虫垂炎の炎症の進行の段階別で、抗生物質で治せるものもある。

「薬で散らす」内科的治療で済むか、手術をするかは、症状や腹部診察所見、検査結果などを総合的に判断して決定される。症状や炎症が強い場合には、手術を行うことになる。傷痕も小さく、ほとんどわからない腹腔鏡下手術が主流になっているが、重症の場合には開腹手術が選択されることも多くなる。

 腹痛に加えて微熱や吐き気などがある場合には、早めに医師に相談しよう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
2
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋
3
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
4
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?
5
ドン引き!「坂上忍に2歳長男を預ける」華原朋美の「超前のめり」な主張