社会

広島死体遺棄 16歳加害者少女の素顔(1)犯行後も平然と日常生活を送っていた

 真夏の広島で発生した同級生少女同士による殺人事件。「LINE」での口論をキッカケに、成人男性を含む7名の男女がかわるがわる暴行を加えた壮絶なリンチ事件の様相を呈している。その背後には、インターネットを利用した「闇デリヘル」を巡るトラブルがあったというのだ。

 取材に当たっている社会部記者も首をかしげる。

「これまでのところ、出てくる捜査情報も断片的なものばかりで直接的な動機に結び付きにくい。捜査員も、犯行グループのインターネット上での活動については把握しきれていないのが現状。動機についてもはっきりとした部分までつかめていません」

 7月12日、広島東署に「友達を殺して、灰ヶ峰に捨てた」と母親に連れられて自首した無職少女、広瀬かなえ(16)=仮名=は、高等専修学校に通う元同級生の田中恭子さん(16)=仮名=を殺害。山中に遺棄したと供述した。翌日、広島県警は呉市の灰ヶ峰から若い女性の遺体を発見。14日に死体遺棄容疑でかなえを逮捕した。

 地元記者が明かす。

「当初、かなえは取り調べに対し、『1人でやった』と説明していましたが、車の手配や殺害前の行動に多くの矛盾点があること、押収したスマートフォンに、『LINE』(特定の相手とメッセージのやり取りができる通信アプリ)の登録相手から『私たちも捕まるね』といった内容の返信が送られていたことが判明し、警察は他にも犯行に加わった人間がいると踏んで、捜査を続けていました」

 そのやさき、17日にかなえの交際相手である少年A、そしてかなえの友人である少年B、さらにはBの交際相手だった少女Cの3人が出頭。

 事件当日に、被害者の恭子さんをかなえが呼び出したあと、集団で殴る蹴るの“制裁”を加え、首を絞めたあげく骨をへし折り、遺体を山中に投げ捨てていたことがわかった。

「ある友人の『生きているのでは?』のメッセージに対しかなえは、『ないない。みにいった』と犯行の約10日後に遺体を確認しに行ったことを明かしています」(前出・地元記者)

 この残虐な犯行で浮かび上がってきたのが、リンチグループメンバーたちの堕落した生活ぶりだった。3人を知る地元住民が言う。

「かなえ、少年B、少女Cの3人は、マンションで同居生活を送っていました。毎日、3人一緒に夜の12時ぐらいに帰ってきて、深夜3時ぐらいまで騒いでいましたよ」

 主犯のかなえは、母親と妹の3人暮らし。

「昼間からウロチョロして、夕方になると実家から市街地に続く大通りへ出る道を歩いて行っとった。(かなえを)最後に見たのは7月の頭ぐらい。いつもと変わらない様子で忙しく電話をしながら歩いとった」(近隣住民)

 同級生の恭子さんを殺害したあとも平然と、日常生活を送っていたかなえ。リンチに加担した少年少女たちも鳥取で潜伏生活を送っていたという。

◆アサヒ芸能8/1号より

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西野カナの休養宣言で芸能界に広がっている「意外な風評被害」とは!?
2
中居正広、2番組打ち切り報道で急浮上した「ポスト中居の意外ジャニタレ」
3
松本人志・三又又三「絶縁騒動」に続きあの“電撃”芸人にも金銭トラブルが
4
藤原紀香、広末涼子…今年前半は芸能人夫婦の“改元離婚”ラッシュが起きる?
5
「ゴチ」に千鳥ノブ加入で「これでアノ男はなおさらいらない」の声続々!