社会

広島死体遺棄 16歳加害者少女の素顔(1)犯行後も平然と日常生活を送っていた

 真夏の広島で発生した同級生少女同士による殺人事件。「LINE」での口論をキッカケに、成人男性を含む7名の男女がかわるがわる暴行を加えた壮絶なリンチ事件の様相を呈している。その背後には、インターネットを利用した「闇デリヘル」を巡るトラブルがあったというのだ。

 取材に当たっている社会部記者も首をかしげる。

「これまでのところ、出てくる捜査情報も断片的なものばかりで直接的な動機に結び付きにくい。捜査員も、犯行グループのインターネット上での活動については把握しきれていないのが現状。動機についてもはっきりとした部分までつかめていません」

 7月12日、広島東署に「友達を殺して、灰ヶ峰に捨てた」と母親に連れられて自首した無職少女、広瀬かなえ(16)=仮名=は、高等専修学校に通う元同級生の田中恭子さん(16)=仮名=を殺害。山中に遺棄したと供述した。翌日、広島県警は呉市の灰ヶ峰から若い女性の遺体を発見。14日に死体遺棄容疑でかなえを逮捕した。

 地元記者が明かす。

「当初、かなえは取り調べに対し、『1人でやった』と説明していましたが、車の手配や殺害前の行動に多くの矛盾点があること、押収したスマートフォンに、『LINE』(特定の相手とメッセージのやり取りができる通信アプリ)の登録相手から『私たちも捕まるね』といった内容の返信が送られていたことが判明し、警察は他にも犯行に加わった人間がいると踏んで、捜査を続けていました」

 そのやさき、17日にかなえの交際相手である少年A、そしてかなえの友人である少年B、さらにはBの交際相手だった少女Cの3人が出頭。

 事件当日に、被害者の恭子さんをかなえが呼び出したあと、集団で殴る蹴るの“制裁”を加え、首を絞めたあげく骨をへし折り、遺体を山中に投げ捨てていたことがわかった。

「ある友人の『生きているのでは?』のメッセージに対しかなえは、『ないない。みにいった』と犯行の約10日後に遺体を確認しに行ったことを明かしています」(前出・地元記者)

 この残虐な犯行で浮かび上がってきたのが、リンチグループメンバーたちの堕落した生活ぶりだった。3人を知る地元住民が言う。

「かなえ、少年B、少女Cの3人は、マンションで同居生活を送っていました。毎日、3人一緒に夜の12時ぐらいに帰ってきて、深夜3時ぐらいまで騒いでいましたよ」

 主犯のかなえは、母親と妹の3人暮らし。

「昼間からウロチョロして、夕方になると実家から市街地に続く大通りへ出る道を歩いて行っとった。(かなえを)最後に見たのは7月の頭ぐらい。いつもと変わらない様子で忙しく電話をしながら歩いとった」(近隣住民)

 同級生の恭子さんを殺害したあとも平然と、日常生活を送っていたかなえ。リンチに加担した少年少女たちも鳥取で潜伏生活を送っていたという。

◆アサヒ芸能8/1号より

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!