芸能

86年の斉藤由貴と浅香唯(3)浅香の演技に対してのカンの良さに目を見張った

 斉藤由貴のヒット曲「悲しみよこんにちは」は、フランソワーズ・サガンの小説から題を得たもの。さらに、その主人公をタイトルとしたのが浅香唯の「セシル」(88年8月)である。言うまでもなく「スケバン刑事」の1作目と3作目で主演を張った両者だが、シングルにおいても奇妙にリンクしているのだ。

 そんな「セシル」を作詞した麻生圭子は、浅香への数ある提供作の中でも「いちばん気に入っている」と明かす。いじらしさが凝縮されたヒロイン像は、男性ファンにとっても1、2を争う人気曲である。

 チャートの1位に輝いた同作の発売から宣伝担当となった武田晶彦は、絶頂期にあった浅香の毎日に同行した。

「アイドルの王道でしたから、テレビやラジオの歌番組はもちろん、コンサートもこなした。ユーチューブなんてない時代でしたから、ダイレクトに新曲を届けるためには、全国キャンペーンも回りましたよ」

 新興のレコード会社である「ハミングバード」にとって、浅香唯は中村あゆみと並ぶ“稼ぎ頭”だった。80年代後半のアイドルシーンでは、中山美穂、工藤静香、南野陽子と並ぶ「アイドル四天王」という呼称もあったが、CMや映画も含めた忙しさでは浅香が抜きん出ていた。

「テレビをつけたら必ず唯ちゃんのCMが流れているような時期でしたね」

 そう話す映画監督の吉田一夫は、浅香の主演第2作「YAWARA!」(89年、東宝)でメガホンを取った。浦沢直樹の人気コミックを実写化したもので、可憐なヒロインはぴったりの役どころだった。

 これが監督第1作だった吉田は、すでにドラマや映画で実績のある浅香の「カンの良さ」に目を見張る。

「柔道ですから受け身を取るシーンは多いが、唯ちゃんはダンスを踊るような受け身ができるんですね。ふだんの身のこなしもシャープだけど、演技に対しても自分の中でどんどんと消化できる子だった」

 筆者は主演第1作の「スケバン刑事 風間三姉妹の逆襲」(88年、東映)を劇場で観たが、どのポーズも効果音とともに完全に決めてみせる天性のケレン味に釘づけとなった。あの動きをされれば、演出する側はさらに相乗効果で彼女を光らせようとするだろう。

 アイドル活動と合わせてハードなスケジュールだったが、吉田の要望どおり、講道館で実技の指導も受けに行った。映画の公開がバルセロナ五輪の3年前であるため、ハイライトはバルセロナを目指す位置に立つドン・キホーテ像の前で撮影した。相手役には原作よりも長身の阿部寛を起用し、小柄な浅香とのコントラストを図った‥‥。

「いずれも思い出深いですが、残念だったのは完成した直後に唯ちゃんが別の仕事で骨折してしまったこと。完成試写会の舞台挨拶をキャンセルしてしまい、ファンにとっては主役不在の日となってしまいました」

 定期的に開かれる現在の「握手会」ではない。距離感を保ちながら、アイドルとファンの間に「特別な日」がそこに存在していたのである──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴