芸能

安藤美姫「“本当の父親”衝撃暴露本」(3)規定違反も謝罪文提出だけで“おとがめなし”

 引退を巡る浅田との話題争いに勝つためには「浅田にないもの」を出す必要がある、との声も上がっている。前出・スポーツ紙デスクが言う。

「大人の色気、フェロモンですよ。芸能人がよくやる、女性ファッション誌でのセミヌード公開です。すでに撮影を狙っている雑誌もあるとか‥‥。安藤はスケート関係者との飲み会の席で、酔っ払って『私のオッパイは張りがあるから垂れないの』と言ったことがある。今回のアイスショーでも胸の谷間が露出した衣装を着るなど、見せるのは好きなほう。引退後、セクシー路線で売る場合、本当にオッパイが垂れていないかどうかが、活動を左右するかもしれません」

 だが、こうした「疑惑の出産→ソチ五輪挑戦→引退商法」という計画に、前出・スケート連盟関係者は渋い顔だ。

「連盟幹部は苦々しい思いでいますよ。ソチを目指すというが、とんでもない話。そもそも目指す資格がないでしょう。昨年10月、安藤は突然、グランプリ(GP)シリーズ欠場を発表した。理由は『コーチ不在で、調整が間に合わなかった』でした。GPシリーズ出場は国際スケート連盟(ISU)との契約。そのドタキャンは興行の根幹を揺るがす重大違反、信用失墜行為であり、ケガ以外での欠場には『今後1年間は試合に出られない』などの罰則を科すことになっている。世界との約束をホゴにしたわけですから。しかもドタキャンの理由も、ウソをついていたことがわかったわけで、追放されてもいいくらいですよ」

「報道ステーション」のインタビューによれば、安藤が妊娠に気づいたのは昨年10月。GPシリーズ欠場はそのためだったことになる。スケート連盟関係者がさらに憤りをブチまける。

「安藤はあの時点で強化指定選手であり、連盟にはきちんと報告義務があった。強化費も投入され、そこには一部税金も入っているわけですから。『ママでも金』だとか言われ、美しい話に聞こえますが、その裏にあるのは『ウソつきのママ』という事実。奔放な下半身がもたらした結果で、そんな選手が五輪に出れば恥さらし。アキレますよ」

 ロシアのプルシェンコはかつて、規定に違反してアイスショーに参加したとして、ISUから競技会出場資格を剥奪された。だが、安藤が謝罪文を提出しただけの「おとがめなし」で済んだのは、彼女がスケート連盟に内緒で「裏工作」に動いていたからだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!