芸能

ドラマ「M」、好スタートも「浜崎あゆみに薬物疑惑?」心配の声

 4月18日に放送されたテレビドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)第1話の視聴率が5.6%だったことがわかった。同ドラマは、土曜ナイトドラマ枠として好調なスタートを切ったという。

「『M』は、テレ朝の土曜ドラマとしては、『おっさんずラブ-in the sky-』の5.8%、『東京独身男子』の5.7%に次ぐ高視聴率となりました。このドラマは、浜崎あゆみの自伝を元にした作品ですが、大映ドラマのような過剰な演出が満載で注目を集めたようです」(テレビ誌記者)

 そんな「M」の放送当日、「文春オンライン」が、ドラマのマサ役のモデルとなったエイベックス・松浦勝人会長の「法律違反の薬物」使用疑惑を掲載。記事では、元エイベックス社員でフリーライターの女性Aさんが、松浦氏から法律違反の薬物の吸引を勧められたと告発し、当時の音声も公開している。

 その中で、松浦氏が、ある女性歌手の薬物使用に関しても言及しているという。

「文春はYouTubeに、『松浦氏は歌姫とも呼ばれた有名女性アーティストの薬物使用について言及』という音声を公開。そこで彼は、某女性歌手の家で『出てって!』と激怒されたエピソードについて話しているのですが、その人物について『ヤンキーだよ。シャブやってるし』と暴露しているのです。音声で歌手名は規制音で伏せられているものの、“松浦氏が家に行くほどの仲で歌姫”というヒントに、ネットでは『まさか、浜崎あゆみじゃないよね?』『ドラマが打ち切りにならなければいいけど』と、憶測や心配の声が飛び交っています」(芸能記者)

 一部では「ツッコミどころが満載でおもしろい」と好評のドラマ「M」。放送終了まで、関係者に問題が起こらなければいいのだが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!