芸能

コロナに喘ぐ「有吉の壁」を「自宅バケツチャレンジ」で救ったあのベテラン芸人!

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ついに「リモート出演」の波がお笑い番組にも押し寄せてきたようだ。去る4月22日放送の「有吉の壁」(日本テレビ系)にて、芸人の自宅を舞台にリモート中継が実施されたもの。

 同局の「世界の果てまでイッテQ!」など、すでにリモート中継を導入しているバラエティ番組はあるものの、ネタ見せがメインのお笑い番組では、空気感の維持が難しいはず。ところが、そんな苦境を一人のベテラン芸人が救ったというのである。

「番組中盤の『なりきりの壁』では、スターになりきった芸人が自宅からのリモート中継で有吉を笑わせるという企画を放送。ここで原田龍二に扮した芸人の『とにかく明るい安村』は、自宅の居間でいきなりシャンプーを始め、その場でバケツの水を浴びてみせたのです。当然、部屋は水浸しになり、カーテンもびちゃびちゃ。これだけでも有吉は大笑いでしたが、安村がモップを使って水を室外にかき出したり、水に濡れた床で滑って転ぶ場面には、満足げな笑顔を見せていました」(テレビ誌ライター)

 同番組では何かとスベりがちな安村だが、今回の頑張りは番組の制作陣からも絶賛されていたという。テレビ誌ライターが続ける。

「番組の演出を務める橋本和明ディレクターは放送終了後、安村について《手探りのリモートロケをバケツで救ってくれました》とツイート。自宅を水浸しにするリスクを負ってまで笑いを取る姿に感謝の意を表していました。この『なりきりの壁』では四千頭身の後藤拓実など他の芸人もいい感じで笑いを取っていましたが、安村の芸にはトップバッターにふさわしいインパクトがこもっており、制作陣も絶賛せずにはいられなかったようです」

 番組収録にも自粛が求められる中、「有吉の壁」の制作陣は制作継続への手応えを感じていたのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、「割れ目クッキリ美ヒップ」奇跡の突き出しポーズで視聴者を魅了!
2
田中理恵が“極小サイズ”足ショット公開!バストと絡めた「疑問の声」も
3
ひろゆきも「5つ星」認定!トリンドル玲奈の「美胸写真集」に称賛の声
4
トリンドル玲奈、大胆バスト披露は改心の証?「やる気ない」評価からの激変理由
5
すみれ、出産の準備は万端!「ヘアー」も「バスト」も“完璧な仕上がり”に