芸能

コロナに喘ぐ「有吉の壁」を「自宅バケツチャレンジ」で救ったあのベテラン芸人!

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ついに「リモート出演」の波がお笑い番組にも押し寄せてきたようだ。去る4月22日放送の「有吉の壁」(日本テレビ系)にて、芸人の自宅を舞台にリモート中継が実施されたもの。

 同局の「世界の果てまでイッテQ!」など、すでにリモート中継を導入しているバラエティ番組はあるものの、ネタ見せがメインのお笑い番組では、空気感の維持が難しいはず。ところが、そんな苦境を一人のベテラン芸人が救ったというのである。

「番組中盤の『なりきりの壁』では、スターになりきった芸人が自宅からのリモート中継で有吉を笑わせるという企画を放送。ここで原田龍二に扮した芸人の『とにかく明るい安村』は、自宅の居間でいきなりシャンプーを始め、その場でバケツの水を浴びてみせたのです。当然、部屋は水浸しになり、カーテンもびちゃびちゃ。これだけでも有吉は大笑いでしたが、安村がモップを使って水を室外にかき出したり、水に濡れた床で滑って転ぶ場面には、満足げな笑顔を見せていました」(テレビ誌ライター)

 同番組では何かとスベりがちな安村だが、今回の頑張りは番組の制作陣からも絶賛されていたという。テレビ誌ライターが続ける。

「番組の演出を務める橋本和明ディレクターは放送終了後、安村について《手探りのリモートロケをバケツで救ってくれました》とツイート。自宅を水浸しにするリスクを負ってまで笑いを取る姿に感謝の意を表していました。この『なりきりの壁』では四千頭身の後藤拓実など他の芸人もいい感じで笑いを取っていましたが、安村の芸にはトップバッターにふさわしいインパクトがこもっており、制作陣も絶賛せずにはいられなかったようです」

 番組収録にも自粛が求められる中、「有吉の壁」の制作陣は制作継続への手応えを感じていたのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来