芸能

マッパよりも悩ましい魔性の肌!「アンダーウエア艶映画」の名作を厳選公開

 きらびやかな女優の「衣装」と、目を見張る「肉体」との“つなぎ”として存在するのが、時にその装飾性も艶っぽい「女性用アンダーウエア」である。日本の映画史には、そんな鮮烈なアンダーウエア姿をスクリーンに焼きつけた名作が数多く存在する。

 映画ライターの松井修氏は、かたせ梨乃の隠れた名作をこう言って絶賛する。

「88年に公開された『肉体の門』(東映)では、終戦直後に復員兵の渡瀬恒彦に米の飯を食わせてもらい、そのお礼にと体を差し出すんです。当時のゴワゴワしたシュミーズの肩ヒモを外し、何とも情緒のあるシーンでした」

 撮影当時17歳だった広瀬すずが、2人の米兵に襲撃される衝撃のシーンに挑んだ。16年公開の「怒り」(東宝)のことである。映画評論家・秋本鉄次氏によれば、

「屈強な米兵に口を押さえられ、まさかと思う迫力」だったという。白い肌着もあらわになったといい、「アイドル女優からみごとに脱皮しました」とのことである。何度も心の葛藤と闘ったことだろう。この役を演じきった広瀬に拍手を送りたい。

 また、今年2月に公開された「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(東宝)では、白石麻衣が禁断の見せ場に挑んだ。

「半グレの男に頭を殴られて、車に拉致。手をガムテープで結束され、身動きの取れない白石のブラウスが無理やりこじ開けられ、上半身の純白の肌着があらわになりました」(映画ライター)

 乃木坂46を卒業する前の貴重な置き土産といえそうだ。4月28日発売の「週刊アサヒ芸能」5月7日・14日合併号では、こうした名作が多数、詳細に紹介されている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「シブがき隊転倒」「明菜に帰れコール」…歌番組の「放送事故」を全部バラす!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
下半身をボロン!有村昆が夢中になった「女優Tの正体」にネットが熱視線