スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「好走条件そろったモズベッロ」

 風薫る5月。春競馬は佳境を迎えるが、世の中、コロナ禍で羽を伸ばすことができず、一向に盛り上がらない。それでも馬券は売れ、興行は成り立っているのだからありがたい。我々競馬をなりわいにしている者としては感謝あるのみだ。

 6週連続GI戦の最初を飾るのは、伝統の天皇賞・春。昔と違って3000メートル超えのGI戦は世界的にはきわめてマレだが、それでも淀を舞台とした長丁場の大一番は、騎手の心理戦もかいま見られて実におもしろい。

 今回も名だたるステイヤーがそろった。有馬記念以来になるフィエールマン、前哨戦の阪神大賞典を快勝したユーキャンスマイルが最有力視されているが、京都と相性のいい菊花賞馬キセキ、ミッキースワロー、モズベッロなど顔ぶれは多彩で、どう転ぶか予断を許さない。馬券的にも実に興味を引くGI戦である。

 データをひもといても簡単に決まりづらいことがわかる。03年に馬単が導入されて以降の過去17年間、その馬単での万馬券は半分近い8回(馬連7回)。このへんもまた長距離戦の醍醐味でもある。

 出走頭数の多さもあるが、充実著しい4歳馬、今がピークの5歳馬の活躍が目立ち、過去17年で7、8歳馬の勝利はない。

 ということで今回は、その有力どころが多い4、5歳馬に目をつけてみたい。といってもフィエールマン、ユーキャンスマイルといった、いかにも人気馬ではない。最も期待を寄せたいのはモズベッロである。

 実績あるこのメンバーに入ると格下的存在だが、それでもここにきての充実ぶりには目をみはるものがあり、その勢いをもってすれば、十分に勝負になるとみての狙いだ。

 まだ準オープン(3勝クラス)の身で臨んだ日経新春杯を軽ハンデ(52キロ)を利して制したが、前走の別定戦(56キロ)で争った日経賞も差のない2着と奮闘してみせたのだから、目下の充実ぶりはおわかりだろう。

 この中間もすこぶる順調で、1週前の追い切りも軽快かつリズミカルで、まずは文句なしだった。

「とにかく元気いっぱい。ひ弱さが解消しつつあり、追い出してから内にもたれるクセがなくなってきた。早くから期待していた馬。ここに入っても素質はヒケを取らない」と、森田調教師が期待のほどを口にするのも納得だ。

 父はダービー馬で、母の父がハーランズホリデー、祖母の父がセントバラードとスタミナ満点で、距離の不安はまったくない。加えて京都コースは最も得意とするところ。走れる条件はそろっている。よほどの道悪にならないかぎり、チャンス十分とみた。

 NHKマイルCは、ウイングレイテストをイチオシしたい。前走のニュージーランドTは、大外枠(16番枠)の不利がありながら、勝ち馬とはコンマ1秒差の3着。一段とパワーアップしており、期待大だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」