スポーツ

“タマに被弾”後にHR打てた?清原和博が片岡篤史に意外なベスト打者を告白

 清原和博氏が元プロ野球選手の片岡篤史氏のYouTubeチャンネル〈片岡篤史チャンネル〉に出演したのは、4月28日投稿回。清原氏は片岡氏に問われる形で、自身が思う「ベストバッター3人」を振り返った。

「実際にホームラン打つんやったら、左やったら松井(秀喜)ちゃうか」

と開口一番、読売ジャイアンツの戦友の名前を口にした清原氏に、片岡氏が、

「当時、門田(博光)さんおられたじゃないですか、南海ホークスの。どんな感じですか?」

 と通算本塁打数、通算打点数ともに歴代3位の記録を持つ名スラッガーの名前を挙げた。

「ああ!門田さんはえげつなかった。(ファーストで)守ってて一番怖かったのは門田さんやったな。スイングが早くてえげつないから…」

 と清原氏は、ルーキーの時、門田氏の打球を股の間に当てて、防御用のカップが割れたという身も縮むような痛々しい体験をしたことを明かした。コーチから「交代するか?」と聞かれたが、ルーキーの年に途中交代はできないと苦痛を堪えて無理にその試合に出場を続けたという清原氏。ところが、このアクシデントで力が抜けたのか、その日はそれまで安打がなかったが、次の打席でホームランを打ったという驚きのエピソードまで飛び出したのだった。

 結局清原氏が選ぶベストバッターは、ライトにホームランを打つ松井秀喜氏、レフトにホームランを打つ秋山幸二氏、そして門田博光氏の3名となったようで、ホームランバッターの清原氏らしい人選となった。

 ホームランと言えば、時代が違えば王貞治氏、野村克也氏がいて、近年では埼玉西武ライオンズの中村剛也、山川穂高も頑張っている。さて、あなたが選ぶベストバッターは?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
我慢の限界?ホラン千秋、「バイキング」坂上忍に言い放ったハラスメント悲鳴
2
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線
3
大沢たかお、広瀬香美との“格差婚”で安らげなかった主夫生活
4
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
5
「反則すぎだよ」の声も!「特捜9」、伊東四朗のセリフにファン感涙のワケ