芸能

早乙女愛「巨匠監督が振り返る“脱清純派”演技」

 純愛青春映画「愛と誠」(74年・松竹)で、鮮烈デビューを飾った早乙女愛。滞在先のアメリカで多臓器不全のために逝去したのは今から3年前。彼女を難しい役柄に起用した巨匠監督が、「迫真の艶技」を振り返った。

 74年、梶原一騎氏原作マンガ「愛と誠」のヒロイン役として、当時、人気絶頂だった西城秀樹と共演。役名と同じ芸名が象徴するように典型的な、“清純派”としてファンに支持された早乙女。その彼女が、「女猫」(83年・にっかつ)で、大胆な濡れ場を演じた時は、世間の耳目を集めたものだが、さらに女優開眼とでも言うべき出演作となったのが、85年の巨匠・中島貞夫監督作品「瀬降り物語」(東映)であった。日本古来の「山の民」の生活を描いたこの映画で、メガホンをとった中島監督が、早乙女の印象をこう振り返る。

「あの映画は、スタッフ・キャストが(ストーリー上)四国山中のプレハブに籠もって撮った作品。どちらかと言うと、都会的なイメージの早乙女さんだから、最初は『大丈夫かな?』とも思った。食べ物も町なかみたいにちゃんとしてない、ホントに過酷なロケ現場だったからね。確か、秋のシーンがあったから(現場には)2シーズンくらいは籠もってくれたと思う。その中で、彼女は思った以上に、溶け込んでくれました。特に内藤(剛志)君との息が抜群に合っていたね」

 早乙女が演じたハナは、内藤演じるカズオの妻。が、“山の民”役ゆえの演じにくさがあったという。中でも、難しいと思われたのが、山中でカズオを初めて迎える、儀式的な「初夜シーン」。が、早乙女は、純白の裸体をさらしながらも厳粛な演技を見せてくれたという。

「(慣習上)不倫は絶対に許されないという夫婦。山中でむつみ合いながらも、厳格な初夜を演じきった。その他にも、山の中を文字どおり走り回るなど、それまでの彼女のイメージとは違った演技に応えてくれたと思う」

 この作品を一つの機会に、女優として一皮剥けた感のある早乙女だったが、同年の結婚、97年の出産を境にプライベートとの両立を図るようになる。出産3年後の00年には、芸能界を引退して渡米。その10年後、まさに女盛りの中、旅立ったのであった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由