芸能

徳井義実の不在が影響?「テラハの危うさ」を指摘していた人気芸人がいた!

 米動画配信大手ネットフリックスや、フジテレビが配信・放送する恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演中だった女子プロレスラーの木村花さんが5月23日、亡くなった。死因は不明だが、自死との見方が大半を占め、木村さんが番組での行動を巡りネット上で激しい誹謗中傷を受けていたことがその要因と言われている。

 同番組は共同生活する男女6人の人間関係に密着する内容。3月31日配信の回では、木村さんのリングコスチュームが残っていた洗濯機を男性メンバーが誤って回してしまい、 縮んで着られなくなる“コスチューム事件”が発生。激怒した木村さんがその男性を責め、怒り方に直後から非難の声が相次いでいた。

 このニュースを受け、和田アキ子は24日放送の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で「バラエティなんかで、こう言ってくださいとか、強く怒ってくださいとかよくあるもんね。それをそのまま捉えられて、何か言われるのはかなわないよね」と話していたが、2月の時点で、大の「テラハ」ファンであるお笑いコンビ・ニューヨークの屋敷裕政が「テラハ」の危険性について指摘していたことがネット上でちょっとした話題になっている。

 ニューヨークの公式YouTubeチャンネル「ニューヨークOfficial Channel」で2月23日に配信された「ニューヨークのニューラジオ」でのこと。屋敷はチュートリアルの徳井義実が不祥事で芸能活動自粛のため、番組に不在であることを問題視。

「テラスハウスって、いつも山里(亮太)さんがボロカス言うのよ、素人に対して。徳井さんがそれを守りつつ、変なこと言うて笑いになって、山里さん一人だけ暴走してるなみたいな感じになんやけど。今さ、山里さんが暴走してめっちゃおもろいからさ、それに流されてトリンドルさんとかもそっち側についてさ、みんなで暴走してんのよ」「ちょっと今のテラスハウスよくないですよ、このままやと。本当に弱い者いじめっぽく見える瞬間もあるし」などと苦言。加えて地上波はスポンサーの関係があるが、ネットフリックスは有料なため徳井の復帰は可能だろうとした上で、「早急に徳井さんを戻すか、もっと中和できる人を呼んでください、お願いします」と頭を下げていた。

「徳井の不在が番組のバランスを崩してしまったという指摘は、ナイナイ岡村隆史が『オールナイトニッポン』で女性蔑視発言をした際、相方の矢部浩之がいてツッコミを入れていれば、大きな問題にはならなかったと言われたことと似ていますね」(芸能ライター)

 屋敷はほかにも「誰もテラスハウスに出なくなるよ。損するもん、ボロカス言われすぎて」「このままやとテラスハウス終わるんじゃないですか」と警鐘を鳴らしたが、番組存続を危ぶむ声も出ている現在、屋敷の危惧が現実のものになってしまったと言わざるを得ない。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」