芸能

報告が簡潔すぎ?「テラハ」打ち切り決定も制作サイドに不満の声が続々!

 5月23日に22歳という若さで亡くなった女子プロレスラー・木村花さんが出演していた恋愛リアリティー番組「テラスハウス」の制作中止が27日、フジテレビのテラスハウス公式サイトとツイッター、制作会社「イースト・エンタテインメント」の公式サイトで発表された。

 公式ツイッターでは〈この度、番組に出演されていた、木村花さんがご逝去された事について、改めてお悔やみ申し上げます。またご遺族の方々にも深く哀悼の意を表します。〉と、木村さんの訃報に哀悼の言葉を述べ、続けて《尚「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」に関しましては、制作を中止する事を決定致しました。この度のことを重く受け止め、今後も真摯に対応して参りたいと考えております。》と、現在放送中のシリーズの打ち切りを報告している。

 簡潔すぎるともいえるSNSでの報告にネットでは「人の命が失われてるのにたったこれだけ?」「問題を軽く見過ぎてるのでは?」「大切なのは番組の問題点を解明することでは?何の説明もなし?」といった意見が上がっている。

 このニュースに社会学者の古市憲寿氏は28日、出演した「とくダネ!」(フジテレビ系)で、「熱心ではないが、番組は見ていた」と前置きしつつ、「周りでも花さんのファンが多くて、たまたまその回だけ見た人と、ずっと見ていた人でだいぶ温度感が違うなとは思いました」と、SNSで誹謗中傷が殺到した放送回についてコメントし、リアリティー番組は「編集後のものを見て、この子はこういう子なんだと判断してしまう。見ているほうにもリテラシーが必要だなと思う」と持論を述べた。

 台本や演出があったのかなかったのか、番組についてはこれまでも問題点を指摘されてきたが、古市氏は「本当にありのままだったのか。スタッフからの誘導、リテイクのようなものがあったんじゃないかというのが議論になっている」とし、「リアリティーショーの今後の在り方を問われている中で、テラスハウス側の謝罪、説明文はちょっと足りない。ちゃんともっと調査することは必要」と指摘した。

「ネットでの多くの反応や、古市さんが解説している通り、恋愛リアリティー番組の問題点、台本や演出のあるなしは別として、出演者の人となりを視聴者に誤解させるような編集上の問題点があったのではないか、ということが検証されておらず、謝罪コメントでもその点は具体的に説明していません。制作側には、なぜSNS上で異常といえるほどの誹謗中傷が起きるようになってしまったのか、番組打ち切りを決めた理由や再発防止についてどう考えているかをきちんと話す責任があると思います」(テレビ誌ライター)

 そんな中、一部制作関係者は「あくまで決まったのは、今回のシリーズの終了です」と、テラスハウスの番組自体はある程度の期間をおいて継続する可能性も口にしている。

「ネットフリックスを通して全世界に配信されている人気シリーズなので、制作側としてはこのまま打ち切りにしたくないという思いがあるのかも知れませんね。しかし、ひとりの命が失われ、番組企画には重大な問題点が内在していることは明らかです。問題点の検証、そして再発防止策の提示。これらがなされないうちに番組の復活を考えるのはさすがに早すぎますよ」(前出・テレビ誌ライター)

 まずは制作側の記者会見を開き、さまざまな問題点の説明をしていただきたいものだ。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
3
ドジャース・山本由伸「重傷離脱」でメジャー球団がロッテ・佐々木朗希獲りから撤退する「シビアな評価」
4
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」