芸能

森口博子が明かした過去の“ヤバイ仕事”とは?

 森口博子と言えば、井森美幸、松本明子、山瀬まみなど1980年代後半から活躍を始めた“バラドル”として印象深い。アイドルとしてデビューしたがなかなか仕事がないことを自虐ネタにバラエティに進出、しかし頭の回転が速く、元は可愛いのが特徴だ。そんなバラドル界の筆頭とも言える森口が、過去にあったヤバイ仕事について激白する番組があった。

 爆笑問題の太田光、くりぃむしちゅーの上田晋也MCのトークバラエティ番組「太田上田」(中京テレビ)のYouTubeチャンネル〈太田上田【公式】〉、6月5日投稿の再放送回「【太田上田#110】森口博子さんが過去のヤバイ仕事を告白しました」がそれだ。

 1985年、アニメ「機動戦士Zガンダム」のオープニングテーマ曲「水の星へ愛をこめて」で華々しくデビューした森口だが、その後、事務所からは才能がないからと見放され、森口と同期のアイドル・松本典子に社運をかけて事務所は売り出そうとしたと森口は振り返る。

「何でもやります」と事務所に泣きつき、バラエティの道に進む事になった森口は、88年に放送されたバラエティ番組「鶴太郎の危険なテレビ」(フジテレビ系)に出演。暗い山の中で1人で肝試しをするなど体を張り、他の番組にも呼ばれ名前を売るきっかけにもなったそうだが、中には戸惑いを抑えきれない仕事もあったようで…。

 当時を振り返り、「どうしたらいんだろうってお手上げって言うか、オスのロバを口説いてきなさいっていうのが…」と語った森口。ターザンのパートナー、ジェーンよろしくヒョウ柄の衣装に身を包み声を掛けるが、ロバはウンともスンとも言わず途方に暮れたというが、耳に息を吹きかけたところ、ロバは何を思ったかブルっと震え遠くに走り出し、ディレクターからOKを貰ったのだと爆笑のエピソードを語った。

 この動画にネット上には〈この番組、ゲストのセンスが毎回いいね。森口博子は相変わらず綺麗だわ〉〈森口の魅力が爆発してる回だった。井森美幸も同じで、年配でも可愛いんだよなぁって感じるのよ〉と絶賛の声が。50歳にしてますます魅力の増した森口。確かに、51歳で同い年の井森とのツーショットも、この番組でぜひ拝見したいものだ。(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
3
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
4
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
5
太川陽介がAmiに怒りをあらわにした瞬間!バス旅で見せた“激情素顔”