芸能

福田明日香の写真集、蒼井優の衝撃シネマ…上半期の「艶場面大賞」は?

 コロナ禍で映画上映やドラマ放送の休止が相次いだエンタメ業界だが、意外にも2020年の上半期は「艶場面」が豊作だった。写真集では「モーニング娘。」の1期メンバーである福田明日香が、初の写真集を発売して大きな話題になった。グラビア評論家の徳重辰典氏が語る。

「近所の主婦が脱いだようなリアリティある体つきに、処理しないままの“密毛”も生々しい。それにしてもここまでの大ヒットとは『モー娘。』ブランドの強さに驚きです」

 さらには藤田ニコル、ゆきぽよ、綾瀬はるか、深田恭子と、ギャル系や30代の人気女優が自信作を発表した。

 では、映画界はどうだったか?映画評論家・秋本鉄次氏が絶賛するのは、新婚間もない蒼井優の「ロマンスドール」(KADOKAWA)である。夫の山里亮太が「ちょっと見るの怖い。シンプルに複雑」と口にしたほどの衝撃作である。秋本氏によれば、「バストの99%があらわになり、隠れているのは先端のみ」という肌見せ度だそうで、「夫役の高橋一生のセリフに『とっても好色な奥さんでした』というのがありますが、そのとおりの生々しさでした」とのことだ。

 さらに秋本氏が沸き立ったのが、「Red」(日活)のヒロイン・夏帆である。人妻を演じた夏帆が、妻夫木聡演じるかつて愛した男と再会したことで、生を揺るがすほどの不貞愛に陥る。夏帆にとって、キャリアハイとなる渾身の演技であったようだ。

 6月30日発売の「週刊アサヒ芸能」7月9日号では、ほかにもドラマ・CM・“突発アクシデント2・SNSなども網羅した「艶場面」を、すみずみまでキャッチしている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え