芸能

朝日奈央「NGナシ」の脱アイドル素顔(3)安室奈美恵引退がブレイクの要因!?

 業界内の評判もよく、今春から「バカリズム特番~朝日奈央の恩返し~」(フジテレビONE)がスタートするなど、バラエティー番組に出ずっぱりの朝日。だが、ここまで成り上がった裏には、運のよさもあったという。

 スポーツ紙ベテラン芸能記者が解説する。

「テレビやマスコミにもスムーズに浸透しているところをみると、好感度の高さや彼女自身の頑張りもあるとは思いますが、売れた要因の一つに所属事務所『ライジング』の期待とタイミングがうまくかみ合ったこともあるでしょうね。この事務所は、かつて安室奈美恵(42)や西内まりや(26)が所属していましたが、最近はイマイチ目立つ女性タレントが出なかった。それでお笑い部門に力を入れ始めたこともあり、そこに彼女がハマったことが大きい」

 元アイドルでありながら「NGナシ」を公言し、出演する番組では、目や鼻に硬貨を入れるお得意の「10円玉芸」をたびたび披露。さらに3年前の17年4月放映の「ゴッドタン」(テレビ東京系)では、当時産休に入った松丸友紀アナ(39)の代役を決めるオーディションで、シモネタにも挑戦している。

「なぞかけで知られる女芸人の紺野ぶるま(33)との対戦で、お題は『女子アナ相手に悪口を言う』というもの。まず紺野が『女子アナとかけて男性シンボルと解く。かむと怒られるでしょう』と答えると、朝日もすかさず『しっかり立っていないとダメでしょう』と切り返していました。『メスブタ』を連呼していた頃に比べると、見違えるような成長ぶりでしたね」(アイドル誌編集者)

 こうして「脱アイドル」に成功した朝日だが、今後も今のキャラのまま快進撃を続けていけるのだろうか。三杉氏はこう読む。

「彼女がプライベートでどういう選択をするかも大きいと思います。昨年、女性誌にイケメン美容師との『スッピン熱愛』をスクープされましたが、モデルにもモテるイケメンの美容師を落とすというのは、女性としての魅力が十分あるということです。女性からのウケもいいので、不倫騒動などを起こさないかぎりは、結婚⇒主婦タレ⇒出産⇒ママタレという、現在の女性タレントの王道を進むこともありえますね」

 熱愛については、昨年12月に中山競馬場で行われた「イルミネーション」点灯式に出席した際、「いいおつきあいをさせていただいてます」と交際を認めている朝日。このままゴールインとなるかどうかは別として、当分の間、バラエティー番組に欠かせない存在であることは間違いなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然