芸能

吉岡里帆“水着嫌い”ネガティブ印象を覆す?艶ボディ見せ写真集の可能性

 吉岡里帆が6月26日、自身のインスタグラムを更新。新たになんらかの“作品”を作っていることを報告し、ファンの間で話題となっている。

 吉岡は「とある企画にて、今までお世話になってきた方々と作品を作っています」と近況報告し、過去に「週刊プレイボーイ」で掲載された自身のグラビアショットをアップ。続けて、「これまでの活動を応援して下さった方々へ感謝の気持ちを込めて。私自身ドキドキしています…」と、詳細こそ明かしていないものの、吉岡にとっても詳細発表が心待ちになるほどの期待作であることを窺わせている。

 これに世の男性たちからは「新作写真集の発売かな?」「バストもまた大きくなったように見えるし、グラビア関連なら楽しみだわ」「もちろん、今度こそ水着ショットは入ってるんですよね」「『感謝の気持ちを込めて』まで言ってるんだから、水着を期待していいよね」など、吉岡が今回明かした作品というのは「やはり新作写真集のリリースなのでは?」と、予想する声が続出している。

「かつては水着姿を惜しげもなく披露していた吉岡ですが、女優として売れ始めたタイミングで『本当は水着はやりたくなかった』などと、ネットメディアのインタビューでの水着グラビアに対してのネガティブな発言が物議を醸しました。吉岡は水着グラビアをしている人たちにはリスペクトの思いを持っており、決して否定しているわけではないと釈明したものの、以降は水着はもちろん肌見せも控えめになっています。そのため、吉岡にとって水着グラビアは黒歴史認定しているものだと思っていましたが、最近はインスタで肌見せの多いカットを披露することも以前より増えている。その新たな作品が写真集関連であれば、肌見せ具合に注目が集まるのは当然でしょう」(エンタメ誌ライター)

 前作の写真集では水着や肌見せが多いショットもなかったことで落胆する購入者が目立ち、一部からは辛辣な声まで上がっていただけに、次回はやはり、攻めたカットが必須だろう。(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
3
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
4
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
5
「ポスト水卜麻美」で岩田絵里奈を脅かす!日テレ・杉原凜「癒しDバスト」貴重映像