芸能

安藤優子「グッディ」が及第点の視聴率でも“終了”の「イタい理由」!

 7月9日、一部スポーツ紙により、安藤優子がメインキャスターを務める昼の情報番組「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)が9月いっぱいで終了することが伝えられた。

 同番組は2015年3月にスタート。当初はメインを安藤と俳優の高橋克実、サブを三田友梨佳アナと倉田大誠アナが務めていたが、途中、俳優の八嶋智人を加え、倉田アナをメインに回すなど安藤以外の役回りを変えるなどしながら、約5年間にわたり枠を守り続けてきた。

「番組のパワー減の原因としては、三田アナが『FNN Live News α』のメインを担当するにあたり、18年7月末で抜けたことも大きかったのでは。昨年7月には過去最高となる6.9%の平均視聴率を出す週もありましたが、これは吉本興業の闇営業問題があったからこそ。現在も同時間帯の他局情報番組といい勝負をしていますが、コロナ禍が大きく影響している面もあります。以前にも安藤が夏休み中に視聴率が上がるなど、彼女がメインである必要性が常に疑問視されていました」(テレビ局関係者)

 報じられたところによれば、「グッディ!」終了後は前の時間帯の坂上忍がMCを務める「バイキング」の枠を増やし、残りはドラマの再放送で埋めるという。「バイキング」は常に視聴率5%~8%以上をキープしていることから、他局の情報番組から頭一つ抜けることが可能と判断したということだろう。

「『グッディ!』にこれ以上のノビシロがないと判断されたのは、やはり安藤のキャラも一因でしょう。振り返れば、水泳の池江璃花子選手が白血病を患った際に叩かれた無神経とも思える発言や、川崎での襲撃事件を伝えた際の軽すぎる発言へのバッシング、さらに芸能人の不貞ニュースへの持論に“アナタが言うな”批判が飛び交うなど、インパクトだけを狙ったように見える発言が特に主婦層には受け入れられなかったようですからね」(芸能ライター)

 今後、安藤の活躍場所は見つかるのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」