社会

東京でコロナ感染者が過去最多の裏で「昨年暮れから銀座の夜で異変」証言が!

 7月16日、新型コロナウイルスの感染者が、首都東京で過去最多の286人となった。

 東京での感染者が増えるごとに話題になるのは“夜の街”問題。その場所として注目されているのは、新宿と池袋が地域特定されている。だが、夜の街に詳しいタクシー業界では以前、それ以外の地域での異変が語られていたという。さるタクシー運転手が証言する。

「まだ、コロナなんて言葉もなかった去年の暮れ頃から、銀座のお店で働く女の子たちが次々に体調を崩したんですよ。ママや女の子を乗せるたびに『暮れの忙しい時期なのに、女の子たちがひどい風邪をひいちゃって困っちゃうわ』という愚痴を複数人から聞きました。それは私だけでなく、タクシー業界では、すごく話題になっていました」

 やはりその頃、体調を崩していた人の中には、こんな現象も。

「今年1月に体調を崩したので病院で診てもらったところ、インフルエンザだと言われたんです。治療してもらったんですが、治るのにやけに時間がかかりました。その後、コロナが大流行となり、気になったので抗体検査をしてみたら、すでにコロナに罹患していたことがわかったんです」(芸能ライター)

 こうして見てくると、コロナと断定される前から日本では実は流行しつつあったのではないかと思えてくる。東京五輪や中国の習近平国家主席の来日を実現させるべく立ち回った結果、対策が後手後手になってしまったということはないだろうか…。

(写真はイメージ)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?