政治

渡辺喜美VS柿沢未途“おかしいのはオマエだ”(2)腰掛気分の江田さんとは覚悟が違う

 渡辺氏の「懐刀」と評された柿沢氏が、かつて入党を反対された江田氏に急接近し、反旗をひるがえしたきっかけは、大阪維新の会(現・日本維新の会)がみんなの党に接触してきたことだった。当時のことを渡辺氏はこう振り返る。

「昨年の今頃、私は維新の会の“みんなの党を解党して合流して来い”という要求を突っぱねました。当時、維新は単なる政治団体で、みんなの党は衆参2回の選挙を経て16名の集団でした。地方にも300名を超える議員がいた中で、“全部解党して維新に来なさい”というのは代表として絶対に飲めない選択でした。しかし、江田さんと柿沢さんは新党論を主張して、維新と歩調を合わせるようになったのです」

 みんなの党の結党宣言には「触媒政党」という言葉がある。政界再編の中心となることを意識したものと思えるのだが、当時の理念を忘れ、“おかしくなった”のは渡辺氏のほうだと、柿沢氏は反論するのだ。

「党の存続にこだわらずに大きな再編の流れを作りだすべきという私の考え方と、党単体としての存続を優先するようになった渡辺代表の考えと、いつしか食い違ったのでしょう。渡辺代表も結党当初は私のように考えていたはずでしたが、どこかで党単体の存続を考えるようになった」

 圧倒的な支持率を誇る現在の自民党に、野党がバラバラのままで対抗力を持っていないのが現実だと、柿沢氏は主張するのだ。

「新しい大きな政治の流れを作り出していくことは、国民が求める大義ではないかと私は思います。もちろん、政治的理念の一致がなければ過去の失敗を繰り返すだけですが、可能な限りそれを一致させ、新しい流れを作り出すことは、天から与えられた私の役割だと思っています」

 逆に渡辺氏は、“触媒”とは自分自身は変わらずに周りを変えるという意味であり、そんなことさえ理解できない江田、柿沢両氏は“おかしい”と、こう切り返す。

「政界再編は目的でなく、あくまで手段です。政党の目的は政権を取って政策を実現することです。私は親父の代から所属した自民党を離党してみんなの党を作りました。渡辺後援会の人たちを説得する大変な作業もあり、この離党と新党結成は生半可なものではなかった。無所属だった江田さんは、腰掛け気分で党が長続きするとも思っていなかったはず。その覚悟の差が今、明らかに表れているのです。党がなくなってもいいなんて結党宣言のどこにも書いていない。また、党の中にいたら何をやってもいいということになれば、政党とは呼べないでしょう」

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男