政治

選挙運動員に「現金支払い」まで発覚した自民党・柿沢未途を待ち受ける東京拘置所「恥辱の指入れグリグリ検査」

 今年4月の東京都江東区長選で初当選した木村弥生氏の選挙運動をめぐり、江東区議らに対する選挙買収などの公職選挙法違反疑惑が発覚した柿沢未途衆院議員(前法務副大臣)に、さらなる疑惑が浮上した。

 公選法は選管に届け出のある車上運動員などを除く、運動員への報酬の支払いを禁じている。ところが、江東区長選で選管に届け出のない木村陣営スタッフらに、柿沢氏が現金を渡していたことが明らかになったのだ。

 柿沢氏が木村陣営のスタッフら13人に支払った現金の総額は、90万円超。しかも13人の中には選管に届け出のないスタッフが含まれており、これが事実なら運動員買収の公選法違反に該当する。全国紙司法担当記者が指摘する。

「選挙期間中の違法なインターネット有料広告の掲載、複数の江東区議に対する選挙買収に続き、今度は運動員買収という、都合3度目の公選法違反疑惑です。今回の疑惑をもって、柿沢氏の容疑は完全に『詰んだ』と言っていいでしょう。東京地検特捜部による柿沢氏の『年内逮捕』と東京拘置所への『収監』は秒読みの段階に入っています」

 その柿沢氏を待ち受けるのが、収監時に行われる身体検査である。しかも、そのハイライト部分は恥辱に満ちたものになるのだ。元拘置所刑務官が明かす。

「拘置所に移送されると、まず2~3時間かけて、医師らによる身体検査が行われます。この時、被疑者は下着1枚の姿で、身長や体重や血圧の測定、視力検査、レントゲン撮影などに臨まなくてはなりません。そして最後は下着まで脱がされたスッポンポンの姿でお尻を突き出しながら、直腸の検査まで強いられます。具体的には、医療用の手袋をはめた医師が指に潤滑剤を塗り、直腸に異物などを隠し持っていないか、やおら『穴』から指を挿入して直腸内を調べるのです。コトここに至ると、社会的地位が高かった人物は自尊心をズタズタにされ、検察と戦う気力を失ってしまいます」

 かつてはガラス棒を挿入して、直腸内を目視する検査も行われていたとか。いずれにせよ、拘置所内では「前法務副大臣」の肩書きなど、一文の価値もなくなるのだ。

(石森巌)

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談