政治

【特捜部ガサ入れ】「20万円配った」選挙買収疑惑の「前法務副大臣・柿沢未途」は正月を東京拘置所で迎える

 今年4月の東京都江東区長選で初当選した木村弥生氏の選挙運動をめぐり、木村氏を支援していた柿沢未途衆院議員(東京15区)やその秘書らが、複数の江東区議に現金1万円から20万円を手渡していたとされる「選挙買収」疑惑。

 東京地検特捜部は11月16日、江東区内にある柿沢氏の地元選挙事務所や秘書宅を一斉捜索するなど、詰めの捜査を急いでいる。全国紙司法担当記者が明かす。

「今回のガサ入れは『柿沢氏本人による選挙買収容疑』で行われています。ズバリ、特捜部のターゲットは、法務副大臣を引責辞任した柿沢氏です。柿沢氏側は『現金配布は区長選と同時期に実施された区議選の陣中見舞い』と説明していますが、特捜部は現金の配布に木村氏を当選させるための買収目的があったとの確証をつかんでいるようです。現金の配布が今年2月から開始されているという点も、柿沢氏側の説明と大きく矛盾していますから」

 選挙買収は重大な公職選挙法違反であり、買収を持ちかけただけでも犯罪が成立する。今後、事件はどのような展開を見せるのか。司法担当記者が続ける。

「国会議員には『国会会期中は逮捕されない』という不逮捕特権があります。開幕中の臨時国会の会期は12月13日までとされているわけですが、特捜部は『逮捕許諾請求』と呼ばれる伝家の宝刀を抜いて、国会会期中の逮捕に踏み切る可能性もある。いずれにせよ、柿沢氏は年内に特捜部から任意の出頭を求められ、そのまま公職選挙法違反容疑(買収)で逮捕されることになるでしょう。逮捕後はただちに東京・小菅にある東京拘置所に移送され、検察に逮捕された被疑者として収監されることになります」

 その時、柿沢氏は移送車の窓越しに、どんな表情を見せるのか。いずれにせよ、柿沢氏は来年の正月を東京拘置所で迎えることになりそうだ。

(石森巌)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】