社会

やったらアカン!大阪・関西万博「絶望工事現場」のア然実態(3)市民負担は1世帯7万円超

 再び、夢洲で働く作業員の肉声を取り上げよう。

「現場で『間に合わない』は禁句。元請けのゼネコンが『間に合わせろ』と命令してくるけど、基礎がまったく進んでいないので『どうやって早くするんじゃ!』と罵声が飛び交うことも」(40代男性)

出勤前から残業が決まっているため、みんなの表情は暗い。ゆくゆくは24時間3交替制になるそうだが、どこから人をかき集めてくるのやら」(50代男性)

 こんな過酷な状態では、前述したように、いつ自殺や死亡事故が起きてもおかしくない。

 案の定、11月10日には、大阪万博に参加予定だったメキシコが「予算確保の難航」を理由に撤退の意向を示していることが報じられた。これをきっかけに「不参加ドミノ」が起こりそうだが、たとえ会場がスカスカになっても、主催国と開催都市の負担は変わらない。

「大阪市民がどれだけの負担を強いられるか。会場建設費の2350億円から試算したところ、市民としての負担が1人あたり1万4152円。そこに府民、国民としての負担額を合わせると4人家族1世帯につき7万7000円ですよ。しかも建てたパビリオンは一部を除いて解体するというのですから、これほどの無駄遣いはありません」(清水氏)

 11月5日までに共同通信社が行った世論調査では、「万博不要」の声が68.6%を占めた。もはや、工事現場の怨嗟の声を聞くにつけても、万博を強行する価値はどこにあるのか。清水氏が指摘する。

「日本共産党は8月30日に『25年大阪・関西万博の中止を求める声明』を出しました。延期や会場変更などの中途半端な見直しではなく、日本政府はキッパリとBIE(博覧会国際事務局)に中止を申し出るべき。BIE総会での決議が必要ですが、主催国が『NO』と言えば開催できません。参加国に支払う補償も、工事が進んでいない今なら300億円台で済みます。しかし、来年の4月12日を過ぎると、この補償額が倍以上に跳ね上がる。傷が浅いうちに一日も早く決断すべきです」

 開幕500日前となる11月30日にはいよいよ前売りチケットが発売されるが、今こそ引き返す勇気が必要かもしれない。

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え