芸能

AKB48小嶋陽菜「ピーチジョン新CM・谷間ぷるるんボディ現場を完全再現」

20130912q

 AKB48の中でも、ダントツのセクシーさでオヤジ族を魅了しているのが、小嶋陽菜(25)だ。今度は紫下着で威風堂々のEカップバストを揺らしているのだ。

「あ~‥‥気持ちいい~」

 肌を露出させたこじはるが恍惚の表情を見せる。真っ白な肌に身につけているのは、淡い紫のランジェリー。彼女がメインキャラクターを務める女性用下着メーカー・ピーチ・ジョンの新CMの一幕だ。

 これまでも同メーカーのCMに登場してきたが、今回はこじはるの「夢の中」をイメージしたというだけに、新製品「ドリームブラ」のブラとおそろいのパンティを着用した彼女が、空想の町並みを闊歩するという設定だ。見た目には清潔感の漂うシンプルなデザインだが、セクシー番長の抜群のボディに密着し、なめらかな曲線美とスタイルのよさは、あらためてため息が漏れてしまうほどなのだ。

 広告代理店関係者も興奮気味に話す。

「Eカップとも言われる“こじはるパイ”はちょっぴり苦しそうに見えるほど、バストのボリューム感は一目瞭然。寄せて上げるタイプのブラではなく、ナチュラルなラインが売りのブラですから、深い谷間が生まれない代わりに、つきたてのお餅のような質感とお椀のような形のよさが逆に際立ちますね」

 さらに、彼女の抜群のプロポーションを堪能できるのが、無料映像サイト「YouTube」上に公開されているメイキング映像。さっそく再生すると、いきなりこじはるの衝撃的なナイスボディが目の前にドーン。

「おはよー」

 と、ピンクのバスローブに身を包んだこじはるが撮影現場に入るところから動画はスタート。風にあおられながら髪をかき上げるしぐさをしている時にも、もうおっぱいはぷるるんと揺れて今にも飛び出しそうだ。このなめらかすぎる乳白色の“連峰”が、動くたびに左右に揺れる様子は、まさにフレッシュなフルーツのよう。

 場面は変わり、再びこじはるの撮影シーンがスタート。同じバスローブを着用しているのだが、メイキングの冒頭と違って今度はハダけている。ただそれだけなのに、バスローブ越しに見えるこじはるのブラは、モーレツにソソるのだ。

 というのも、下着のみだと肌露出は高いものの、水着のような既視感は拭えない。そこにバスローブを入れると、急に風呂上がりの生活感がにじみ出て、よそ行きではない、ふだんのこじはるのランジェリー姿が浮かび上がるのである。時間にしてほんの数秒だが、ドキドキさせられるエロ演出だった。

 クライマックスは、CMの映像を引き伸ばしたショートムービーでの一場面。エンディング直前、陽光がさす部屋で彼女がうたた寝をして、柔らかいおっぱいがブラ越しにこぼれる。

 横向きに寝ているのだが、右乳房がブラの上へ“ムニュー”と飛び出そうとしている質感は、こじはるのバストがいかに軟乳かを物語っているのである。

 アイドル評論家の堀越日出夫氏も絶賛する。

「一般的に、女性は、『下着は隠すもので、水着は見せるもの』という意識が強い。これを、トップアイドルである彼女が美しくセクシーに魅せることで、楽々と高いハードルを乗り越えてくれたのは正直うれしいですよね。彼女の魅力はなんと言っても親しみやすさ。8頭身のモデルは骨格から何からDNAが違うけど、小嶋陽菜ならマネできるような気がするんでしょう。自分を投影できるんです。だからこそ、下着メーカーにも抜擢される」

 トップアイドルが魅せつけたぷるるんバスト。さらなるエロ進化が止まりそうにもない‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】