芸能

「三浦春馬はネトウヨ」放送作家の“なりすましツイート”が炎上した根本理由

 7月19日、「東大王」(TBS系)や「もしもツアーズ」(フジテレビ系)など多くの人気番組を手がける放送作家・堀田延氏がブログを更新。堀田氏によると、ツイッターのなりすましアカウントが、先日死去した三浦春馬への暴言をツイートしていたという。

「三浦の死去が報道された日、ツイッターでは《三浦春馬死んだの? まああのネトウヨは業界で嫌われてたからな。死んでも、あっそとしか思わんな》《所属事務所にも連日連夜クレーム来てたからな。自業自得だ、ザマアミロ!》という暴言ツイートが拡散。これを呟いたアカウントIDが堀田氏のものだったため、彼に批判が殺到していたのです。しかし翌日、本人がブログにて事実誤認だと否定。堀田氏は5月の時点でツイッターを削除しており、今回のツイートは別人による投稿とのことです」(テレビ誌記者)

 5月以降、堀田氏のアカウントIDは、誰でも使える空き状態になっていたことで、何者かが全く同じIDを使用し暴言ツイートをしていたようだ。

 今回、なりすましツイートから堀田氏に多くの批判が集まったのは、彼が“左寄り”の人物なのも関係しているという。

「堀田氏は19年、ツイッターにて、《おいネトウヨども!そして歴史修正主義者の政治家ども!はっきり言ってやるよ。関東大震災時に朝鮮人を虐殺した日本人、慰安婦を性的搾取した日本人、そんな日本人たちのDNAを継いでいるのが紛れもないおまえらなんだよ!》といった過激なツイートをしたと話題となったことがあります。そしてその後、オンライン署名サイト『Change.org』では、彼の番組降板を求める署名運動が起こる事態にまで発展。そのため、今回の三浦への暴言ツイートも、本人のものだと勘違いする人が続出したようです」(前出・テレビ誌記者)

 今回、堀田氏はツイッター社や警察に、なりすまし案件を相談中だという。今後、悪質な犯人が捕まることを願うばかりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”