スポーツ

プロ野球“リクエスト中の塁上ジャンケン”に噴出した「賛否両論」

 7月26日に行われたプロ野球、ソフトバンク対日本ハム戦の選手のある行動が話題となった。

「1対4でむかえた4回裏の1死から、内野安打で出塁していたソフトバンク・川島慶三内野手が2塁盗塁を試みたのですが、タッチアウトとなりました。そこでソフトバンク工藤公康監督がリクエストを要求。審判団がビデオ検証することになったのですが、その間、川島と日ハムの杉谷拳士内野手が2塁上でジャンケンを始めたんです」(スポーツ紙記者)

 ジャンケンの結果は川島の勝ち。この様子は中継でも伝えられ、実況も「あ、ジャンケンしてますね。(川島が)勝ちましたね」と和やかな雰囲気で伝え、結局、ビデオ判定は当初の判定通りアウトとなった。

 選手2人としては、ちょっとしたファンサービスだったのだろうが、野球規則では競技中のプレーヤーの禁止事項として“監督、コーチまたはプレーヤーが、試合前、試合中を問わず、いかなるときでも観衆に話しかけたり、または相手チームのプレーヤーと親睦的態度をとること”とある。 そのためネット上でも〈一線を越えているのではないか〉〈ファンは真剣勝負を求めている。こうしたおふざけサービスはいらない〉といった厳しい指摘が出ている。

「一方で《和んだ。こういったパフォーマンスはどんどんやってほしい》《ほっこりした》《パ・リーグらしくていいよね》など好意的な意見が多いのも事実です。ただ、例えば巨人の中島宏之のように、一塁を守っている際、走者と必ずといっていいほどベラベラとしゃべる姿が中継で映し出されるたび、“興ざめする”といった指摘が上がる例もある。選手どうしのじゃれ合いは、あくまでファンサービスにとどめ、お寒くない範囲でやってほしいものです」(前出・スポーツ紙記者)

 本来、前出の野球規則は、八百長行為などの疑いが持たれないように徹底されるべきもの。度が過ぎないのが賢明だろう。

(写真はイメージ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
これが人気美女ベスト5人「美ボディ改造」最前線だ(2)新垣結衣は1日3リットル以上の水を飲み…
4
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク
5
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ