芸能

「ハケンの品格」好調で終了も「前シリーズより不満」の声続出の“理由”

 篠原涼子主演ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系)第2シリーズの最終回が8月5日に放送され、平均視聴率は12.6%。全話の平均視聴率は12.7%だった。

 同ドラマは、高いスキルを持つスーパー派遣社員の大前春子(篠原)が、老舗食品商社の「S&F」に派遣され、社員の失態による難問を次々と解決するというストーリーが人気となった。また、「S&F」の社員・東海林武(大泉洋)と里中賢介(小泉孝太郎)と大前の微妙な恋の三角関係も見どころの1つだった。

 だが、期待された視聴率は、2007年放送の第1シリーズを超えることはできなかった。

「第1シリーズの初回は18.2%。最終話は26.0%まで伸びました。ですが、今回は、2桁をキープできたものの、期待外れ感はありました」(テレビ誌ライター)

 その原因はどこにあるのか。視聴者の意見をみると「パンチが弱かったし、爽快感に欠ける終わり方で物足りなかった」「今回は、あまりおもしろくなかった。なんだか拍子抜けだった」「期待外れ、不完全燃焼のまま終了、という感が否めません」などの不満と「コロナ禍の中での撮影は大変だったと思いますが、作りが雑な感じがした」という感想が多かった。

「第1シリーズの大前は、凛とした孤高さと仕事人としてのスキルをいかんなく発揮していました。ですが今作は、東海林との漫才のような掛け合いが多く、ギャグ漫画のような展開もあり、前作のようなスカッとした爽快な終わりではなかったように思います」(前出・テレビ誌ライター)

 13年のブランクで、大前の性格が丸くなりすぎたのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場