芸能

小島瑠璃子、井上公造が疑惑を否定した「交際開始時期」と残るモヤモヤ感

 タレントの小島瑠璃子と、大人気漫画「キングダム」の作者・原泰久氏の真剣交際を報じたのは8月3日発売の「週刊ポスト」だった。

 同誌によると、小島は7月下旬に原氏の住む福岡を訪れ、市内で買い物や映画観賞、さらには縁結びの神社を参拝。その後、原氏のマンションに2連泊したという。

 小島は8日、自身がパーソナリティーを務める「さまぁ~ず 三村マサカズと小島瑠璃子のみむこじラジオ!」(ニッポン放送)に出演。原氏との交際について認めている。

 2人の交際報道は波紋を広げ、当初からネット上では批判的な声が多かった。コロナ禍の中で福岡に訪れていたことに加え、離婚時期は不明だが、幼い子どもが3人いる中で原氏が離婚し、19歳も年下の小島とすぐに交際したことで、略奪愛が疑われた。

 これらの点について、芸能リポーターの井上公造氏が14日放送の関西ローカルの情報番組 「おはよう朝日です」(朝日放送)で答えている。

 井上氏によると、福岡行きについては「事務所に怒られた」そうだが、そこまでは自由を奪えないということで「怒られたといっても“気をつけなさい”という程度」という。交際時期については「離婚成立後」とキッパリ。「僕が調べた限りでいえば、原さんが離婚した理由はまったく別です」。その理由は知っているが、「(原氏が)一私人ですし、なぜ離婚したかということまではあえて控えます」としている。

 また井上氏は、「(小島)本人は、本当はきっちり書きたいんでしょうけど、原さんだけではなくて、別れた奥さんと子どもさんもいるということも考えると、深堀りしづらいというのがあると思います」と推し量っていた。

 それでも、離婚時期だけでも自らの口ではっきりさせれば、あらぬ疑惑も弱まる気がするが…。(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
テレ朝・安藤萌々、2年目で見せ始めた“Dバスト”の「本領発揮」!
5
広瀬すず、“前かがみ美バスト写真”で飛び交った「ネメシス」視聴者の願いとは?