芸能

「番組降板」上沼恵美子を蹴落とす関西「新女帝」の顔ぶれと「震撼現場」とは

「もう辞めたるわ!」関西ローカルのモンスター番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)が25年で突如として終了!西の女帝・上沼恵美子のブチ切れ降板を皮切りに、関西のテレビ界は風雲急を告げる戦国時代へと突入した!

 我こそは“新女帝”と名乗りをあげた面々を詳報しているのが、18日発売の「週刊アサヒ芸能」本誌だ。

「もう引退されたほうがいいんちゃいます」

 6月に多目的トイレ不貞騒動を起こした渡部建を一刀両断に断罪した上沼恵美子(65)だったが、そのわずか1カ月後にはみずからが司会を務める「快傑──」をブチ切れ降板、いまや崖っぷちの窮地に追いやられている。スポーツ紙芸能デスクが真相を解説する。

「降板の原因はさまざま言われているが、番組にレギュラー出演するキングコング・梶原雄太(39)と番組の構成作家を担当する上沼の次男の間の遺恨が発火点です。最近はカジサックとしてYouTubeで人気が再燃している梶原ですが、上沼さんは人気低迷期から番組に起用するなど猫かわいがりしてきた。ところがそんな梶原を敵視する次男の報告を受け番組で『イラついとんねん!』と面罵、あげくの果てにはラジオ番組で『梶原君は東京から行ったり来たいがしんどいということで』と卒業を言い渡したんです」

 その後、局が仲裁に入り、忌憚のない意見交換が行われたものの、スタッフからは長年の上沼女帝からのパワハラが報告されたという。

そうなると気になるのが、関西の新女帝候補だ。西の女帝がジリ貧となる好機を手ぐすね引いて待ちわびている芸人は数知れず。“ポスト上沼”の筆頭と言われるの女流漫才コンビ。さらには、東京での人気を引っ提げて殴り込みをかけた、女性タレントに関西ローカルで人気を博す中堅お笑いタレントもいる。

 その全容と彼女たちの裏素顔を8月18日発売のアサヒ芸能8月27日号で詳報している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「シブがき隊転倒」「明菜に帰れコール」…歌番組の「放送事故」を全部バラす!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
下半身をボロン!有村昆が夢中になった「女優Tの正体」にネットが熱視線