芸能

小島瑠璃子、炎上中に「テスト最低点」明かし“燃料投入”でも人気衰えぬワケ

 タレントの小島瑠璃子が8月13日、自身のツイッターで過去に取ったテストの“最低点”を告白した。

現在、ツイッター上でちょっとした流行になっているのが“#これを見た人はテストの最低点を晒す”というタグをつけた投稿。小島はこの流れにいち早く反応し、「0点」とツイートした。

まさかの「0点」告白にファロワーもビックリ。「何も書かずに寝ちゃったパターンですか?」「もしかして名前を書かずに提出して0点になったのかな」「まさかの0点!信じられないんですけどw」「さすがに0点はないんじゃないかな。詳細希望!」など、大きな反響を呼んでいる。

「ファンが驚くのも無理はありません。小島は中学時代から常に成績はトップで、全国模試のランキング常連だったことを明かしています。また、高校は偏差値70超の名門県立高校を卒業しています。高校時代はそこまで成績はよくなかったことを小島自身がかつてコメントをしていたそうですが、それでも、そんな小島が0点というのはにわかに信じられません。正直、またもや小島の“あざとさ”が際立ってしまったような感じがしますね」(芸能記者)

 ネット上では「こじるりが0点とか絶対にありえないだろうね。なんか裏でほくそ笑んでそうでイヤだなあ」「ハイハイ、小島が0点てどんな高度な問題?さすがに0点はないだろ」「私って実はそこまで優秀じゃないのアピールか」など、あえて頭の悪いふりをしているのではないかという邪推が飛んでいる。

 漫画「キングダム」の作者との熱愛で炎上したばかりの小島。その火種がまだくすぶっている中で、みずから追加の“燃料”を投入する結果を招いた形だ。もっとも0点をとったというのが、高校時代のことなら、進学校だけに、種類によっては0点ともありうるような小テストみたいなものもあった可能性も…。

 いずれにしても、あざとく見えることも気にしない率直なふるまいが逆に人気の秘密なのかもしれない。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
お嬢様アナ奔放下半身(4)野村彩也子、バストを武器に萬斎の威光も不要?
2
お嬢様アナ奔放下半身(2)日テレ岩田絵里奈はよつんばい挑発で猛アピール!
3
橋本愛が“初夜シーン”巡り謝罪?「青天を衝け」ごっそりカットに呆れた声
4
お嬢様アナ奔放下半身(3)秋元優里、“竹林不貞”からの「復活」
5
テレ東・西野志海“プニプニDカップ”で苦悶の表情…NYからの猛烈アピール