芸能

「わたナギで好演」高橋メアリージュンに「熱中症にならずよかった」の声!?

 9月1日に15分拡大版の最終回を迎えた「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)。多部未華子演じる“仕事はできるが家事が苦手”なメイと、メイの部屋に家政夫として雇われていた大森南朋演じるナギサさんが結婚。この回の平均視聴率は19.6%という高視聴率を記録し、同ドラマ全9話の期間平均視聴率も15.1%となった。

 この数字は社会現象とまで言われるほどの人気となった2016年10月期放送の「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の14.6%を上回る高い記録だ。

 9月8日に「私の家政夫ナギサさん 新婚おじキュン!特別編2時間スペシャル」が放送されることも決定し、同ドラマ放送期間の8月7日には、ナギサさん(大森)の恋のライバルだった田所を演じる瀬戸康史が山本美月との結婚を発表。ドラマの中では“当て馬”になった瀬戸だが、私生活では幸せを手に入れた形だ。

 そんな瀬戸演じる田所に1度は恋心を抱き結婚を夢見ていた、メイの同僚であり親友の薫を好演していた高橋メアリージュンには、ネット上で「熱中症にかからなくて本当によかった」「わたナギが無事に最終回を迎えられてホッとした」といった声があがっているようだ。

「実は8月22日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演した高橋が、幼少期に実家が裕福ではなかったことから節約生活が染みついているとして、猛暑日が続いた今年の夏も、自宅ではエアコンをつけずに生活していると告白。保冷剤のアイスノンをタオルで巻いて枕の横に置き、指で触りながら眠ると説明。『(指が)1本でも(保冷剤に)触っているとスーッと寝られるんです』と笑顔を見せていたんです。そのため、熱中症にかかるのではないか、熱中症になったら『わたナギ』の撮影にも影響が出るのではないかと心配されていたようです」(女性誌記者)

 電気代節約のためにエアコンを使わないだけでなく、自宅での照明はキャンドルを使用。洗濯も洗剤を使わずマグネシウムと水だけで汚れを落とす商品を使用していると明かしていた高橋。名バイプレイヤーとしてだけでなく、節約研究家としても活躍できそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
3
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性