芸能

「わたナギで好演」高橋メアリージュンに「熱中症にならずよかった」の声!?

 9月1日に15分拡大版の最終回を迎えた「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)。多部未華子演じる“仕事はできるが家事が苦手”なメイと、メイの部屋に家政夫として雇われていた大森南朋演じるナギサさんが結婚。この回の平均視聴率は19.6%という高視聴率を記録し、同ドラマ全9話の期間平均視聴率も15.1%となった。

 この数字は社会現象とまで言われるほどの人気となった2016年10月期放送の「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の14.6%を上回る高い記録だ。

 9月8日に「私の家政夫ナギサさん 新婚おじキュン!特別編2時間スペシャル」が放送されることも決定し、同ドラマ放送期間の8月7日には、ナギサさん(大森)の恋のライバルだった田所を演じる瀬戸康史が山本美月との結婚を発表。ドラマの中では“当て馬”になった瀬戸だが、私生活では幸せを手に入れた形だ。

 そんな瀬戸演じる田所に1度は恋心を抱き結婚を夢見ていた、メイの同僚であり親友の薫を好演していた高橋メアリージュンには、ネット上で「熱中症にかからなくて本当によかった」「わたナギが無事に最終回を迎えられてホッとした」といった声があがっているようだ。

「実は8月22日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演した高橋が、幼少期に実家が裕福ではなかったことから節約生活が染みついているとして、猛暑日が続いた今年の夏も、自宅ではエアコンをつけずに生活していると告白。保冷剤のアイスノンをタオルで巻いて枕の横に置き、指で触りながら眠ると説明。『(指が)1本でも(保冷剤に)触っているとスーッと寝られるんです』と笑顔を見せていたんです。そのため、熱中症にかかるのではないか、熱中症になったら『わたナギ』の撮影にも影響が出るのではないかと心配されていたようです」(女性誌記者)

 電気代節約のためにエアコンを使わないだけでなく、自宅での照明はキャンドルを使用。洗濯も洗剤を使わずマグネシウムと水だけで汚れを落とす商品を使用していると明かしていた高橋。名バイプレイヤーとしてだけでなく、節約研究家としても活躍できそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
2
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」