芸能

“若手ホープ”浜辺美波「脱・清純派」の本艶技(2)中学生時代から片鱗を見せる

 その大胆艶技の萌芽は、当時中学生だった浜辺がワケあり小学生を演じた映画「エイプリルフールズ」(15年公開)にまで遡る。

 この作品は、シングルマザーに育てられ、自分は愛されていないと思い込んでいる浜辺が、寺島進演じる昔気質のヤクザに誘拐されるストーリー。

 その合間には、道路に倒れた際、白いショートパンツの横から清楚な白いパンツがチラリ。そして、ヤクザたちにワゴンの後部座席に押し込められた浜辺は、抵抗するために脚をバタつかせる。その脚はカエルのように膝が曲がっており、股間が無防備に丸見えになるが、脚をジタバタさせる様子がまさに迫真の演技として、脚光を浴びた。

 そして「脱・清純派」としてファンの間でも認知されたのが、17歳で主演を務めた映画『君の膵臓をたべたい』(17年公開)だった。タイトルがショッキングで、内容もかなりスキャンダラス。余命いくばくもない女子高生を演じる浜辺は、北村匠海(22)演じる同じクラスの男子と死ぬまでの貴重な時間を過ごす。

 親にウソをついて、2人で1泊旅行をすることになり、夜、ホテルに泊まるシーンで浜辺は「ねぇ、女の子と一緒に寝れるってうれしくないの?」と、ウブな北村を挑発。さっさと「じゃあ私、お風呂に入ろっと」と髪をアップにして泡風呂に入るのだが、わがままで天真爛漫な浜辺が「私をベッドまで運んで」と、北村にお姫様抱っこをねだるサービスシーンまである。

 極め付きが「死ぬまでにやりたいこと、最後のひとつ。恋人じゃない男の子といけないことをすること」と「レイプ志願」よろしく、浜辺が北村を後ろからハグするシーン。その言葉に興奮した北村が、無理やり浜辺の手首をつかみ、ガバッと床に押し倒す。白のブラウスからふっくらとした双丘がクローズアップで照らし出される、なんとも悩ましい場面なのだ。そして浜辺は目に涙を浮かべ、なんとも複雑な表情で見つめてくる。映画ライターは「この顔がたまらない」と絶賛して、

「この北村が襲いかかるシーンは、ネット上の動画サイトにアップされると、あっという間に削除されたいわくつきのもの。浜辺の露出はあまりないものの、レイプシーンを想起させるため、好事家の間では、ブレイク前から期待の女優として注目を浴びたのです」

 まさに旬なタイミングで、連ドラ出演。誰もが目をみはる演技度胸も、そのたまものと言えそうなのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…