芸能

長澤まさみ、明石家さんまにも泣かされた!姉御肌に見えても“敏感な部分”

 明石家さんまが9月15日、自身がMCを務めるバラエティ番組「秋の超豪華さんま御殿!」(日本テレビ系)に出演。かつて長澤まさみを泣かせてしまったという失態を明かしている。

 この日のゲストである大原櫻子が飲食店で友達とお茶をしていた際、自分だけにハエがたかって来たというエピソードを披露。

 すると、このエピソードを聞き、さんまはハエ繋がりで「長澤まさみちゃんを泣かして、えらい怒られたことがある」と、長澤を泣かせてしまった出来事を振り返っている。

 なんでも、ドラマで共演した際、長澤の頭にハエが止まり、NGテイクになってしまうという事態が2度も続いたことがあったとか。

 その日は撮影がかなり押しており、現場の空気も重くなっていたため、さんまは現場の空気を明るくしようという一心で長澤に対して、“ハエなんか止まるの、汚物とお前ぐらいやで!”というジョークを放ったとのこと。

 すると、長澤は「『うえーん!』と泣き出してしまった」そうで、現場のスタッフからも「なんてこと言うんだよ…」といった声がこぼれ、完全な失言になってしまったそうだ。

「さんまは過去にもこのエピソードを披露していましたが、どうやら、その時に撮影していたのはさんまの長セリフのシーンの撮影だったようですから、長澤も自分がしくじるわけにはいかないというプレッシャーを感じていたはず。ただ、ハエが長澤に止まってしまったのは不運にもさんまの長セリフが終わったタイミングだったようですから、長澤も申し訳なさでいっぱいだった中での汚物呼ばわりですから、落ち込んでしまう気持ちも分からなくもない」(エンタメ誌ライター)

 ただ、長澤といえば、「コンフィデンスマン」シリーズで共演する東出昌大の不貞騒動が発覚した際には「東出君が出ないのなら私も降板する」とスタッフに向けて言ってのけ、東出をかばったというエピソードも一部メディアで報じられていたりと、男気があるイメージもあるが…。

「19年4月に放送されたバラエティ番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)では、映画撮影の休憩中に共演の仲野太賀に笑い方のモノマネをされて泣いてしまったことを告白していましたね。この時、太賀はもはや別人というほど変顔全開で明らかに誇張したモノマネを披露していたようですが、そのデリカシーのなさに長澤は泣いてしまったそうです。後輩の面倒見が良かったりと姉御肌な一面もあるようですが、なんだかんだで乙女なんだなという印象を受けます」(前出・エンタメ誌ライター)

 特別、冗談が通じるタイプというわけではなさそうなだけに、今後、共演予定の俳優は良かれと思ってイジッたりすることは極力控えた方がいいだろう。(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」