芸能

長澤まさみ、明石家さんまにも泣かされた!姉御肌に見えても“敏感な部分”

 明石家さんまが9月15日、自身がMCを務めるバラエティ番組「秋の超豪華さんま御殿!」(日本テレビ系)に出演。かつて長澤まさみを泣かせてしまったという失態を明かしている。

 この日のゲストである大原櫻子が飲食店で友達とお茶をしていた際、自分だけにハエがたかって来たというエピソードを披露。

 すると、このエピソードを聞き、さんまはハエ繋がりで「長澤まさみちゃんを泣かして、えらい怒られたことがある」と、長澤を泣かせてしまった出来事を振り返っている。

 なんでも、ドラマで共演した際、長澤の頭にハエが止まり、NGテイクになってしまうという事態が2度も続いたことがあったとか。

 その日は撮影がかなり押しており、現場の空気も重くなっていたため、さんまは現場の空気を明るくしようという一心で長澤に対して、“ハエなんか止まるの、汚物とお前ぐらいやで!”というジョークを放ったとのこと。

 すると、長澤は「『うえーん!』と泣き出してしまった」そうで、現場のスタッフからも「なんてこと言うんだよ…」といった声がこぼれ、完全な失言になってしまったそうだ。

「さんまは過去にもこのエピソードを披露していましたが、どうやら、その時に撮影していたのはさんまの長セリフのシーンの撮影だったようですから、長澤も自分がしくじるわけにはいかないというプレッシャーを感じていたはず。ただ、ハエが長澤に止まってしまったのは不運にもさんまの長セリフが終わったタイミングだったようですから、長澤も申し訳なさでいっぱいだった中での汚物呼ばわりですから、落ち込んでしまう気持ちも分からなくもない」(エンタメ誌ライター)

 ただ、長澤といえば、「コンフィデンスマン」シリーズで共演する東出昌大の不貞騒動が発覚した際には「東出君が出ないのなら私も降板する」とスタッフに向けて言ってのけ、東出をかばったというエピソードも一部メディアで報じられていたりと、男気があるイメージもあるが…。

「19年4月に放送されたバラエティ番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)では、映画撮影の休憩中に共演の仲野太賀に笑い方のモノマネをされて泣いてしまったことを告白していましたね。この時、太賀はもはや別人というほど変顔全開で明らかに誇張したモノマネを披露していたようですが、そのデリカシーのなさに長澤は泣いてしまったそうです。後輩の面倒見が良かったりと姉御肌な一面もあるようですが、なんだかんだで乙女なんだなという印象を受けます」(前出・エンタメ誌ライター)

 特別、冗談が通じるタイプというわけではなさそうなだけに、今後、共演予定の俳優は良かれと思ってイジッたりすることは極力控えた方がいいだろう。(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
WBC「代替枠4人」候補に挙がる落選組「ベテラン投手」の名前
3
トヨタ社長交代でカーマニアが沸き立つ「あの名車」復活劇
4
「料理はプロ級の腕前」なのに…木村文乃が打ち明けた「衝撃の事実」
5
習近平のウソつき癖が治らない「春節期間中にコロナ感染爆発は起きなかった」の「死者隠蔽」実態