芸能

松本まりか「思わせぶり女王」の魅力に迫る(1)胸元にスタッフも赤面

 ドラマだけでなくバラエティーでも引く手あまたの人気女優。だが、ここに至るまでには長い雌伏の時があった。その下積み時代に、実は「全脱ぎ撮影」に挑んでいたのだ。ベールに包まれた「ボディ解禁日」が目前に──。

「主演ではないから可能だったといえば、それまでですが、同一クールで違う局のドラマ2本にレギュラー出演するなんてレアケース。人気がある証拠ですよ」

 と民放局関係者がうなるのは、女優・松本まりか(36)のことだ。

 どちらも9月末で最終回を迎えたが、松本は「竜の道 二つの顔の復讐者」(フジテレビ系)で敵役の性悪な社長令嬢を演じ、「妖怪シェアハウス」(テレビ朝日系)ではナースとして人間界に住む妖怪のお岩さん役を務めた。シリアスにもコメディーにも対応できる幅広い演技力で、「憑依型女優」と称されるだけのことはある。

「本当に主役を食うぐらいの存在感があって、今では『キャスティングしたい』というプロデューサーだらけ。ドラマ班だけでなくバラエティー班からもオファーを出したがっています」(民放局関係者)

 現に、9月だけでも各局のバラエティー番組3本に出演した。さらには、日本テレビの音楽特番「THE MUSIC DAY」では苦手だという歌を披露、テレサ・テンの「愛人」を熱唱したのだ。壇蜜(39)や橋本マナミ(36)が結婚した現在、松本は「次の国民的愛人キャラ」と呼ばれており、意味深な選曲だった。

 松本が引く手あまたなのは、なにも局上層部のウケがいいからだけではない。バラエティー番組スタッフがこう力説する。

「ウチらみたいな下っ端にもバカ丁寧に挨拶してくれるんですよ。深々とお辞儀をして、おごらない態度もイイんですが、その時の衣装がけっこう胸元の開いている服だったものだから谷間が見えて、赤面してしまいました。週刊誌で公開していた、肘で先端を隠すセミヌードを思い出してしまいましたよ」

 違う意味で若いスタッフからもウケがいいのだ。「あざとかわいい」と評判の松本だけに、谷間見せも男を魅了するあざといしぐさのひとつなのかもしれない。

「松本は男性向け週刊誌で際どいグラビアをこなす一方で、女性ファッション誌の表紙も飾る。ニュースサイトでは、松本のネタはバズりがちで、男女や年齢を問わずに受け入れられているのです」(芸能記者)

 松本を形容する称号は他にも「怪演女優」「カメレオン女優」などなど多数ある。これも幅広い層から支持を受けている証しと言えるだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
2
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
3
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
4
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…
5
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚