芸能

「半沢直樹」片岡愛之助“黒崎”の「下腹部握り」は国際的にイジられていた!

 9月27日に最終回を迎えた日曜劇場「半沢直樹」(TBS系)。堺雅人演じる半沢が、ついに私腹を肥やす政治家・箕部啓治幹事長(柄本明)を追い詰め、公衆の面前で謝罪させ、大きな勝利を収めた。だが、それは同時に、過去に融資を行った旧東京第一銀行すなわち現東京中央銀行の責任も問われることとなり、中野渡頭取(北大路欣也)は退陣することに。半沢も責任をとって退職しようとするのだが、宿敵のライバル・大和田取締役(香川照之)に慰留されて銀行に残ることとなり、ドラマは幕を閉じた。

「『半沢直樹』は、国内だけでなく海外でも大きな反響を呼んでいます。Twitter Japanの公式アカウントでは最終回当日、半沢直樹に関するつぶやきが43万ツイートもあった模様。世界地図付きのツイッター分布図の動画もアップされましたが、中国や台湾でもつぶやかれていたことが明らかになりました」(女性誌記者)

 海外でも大きな注目を浴びた同ドラマ。中でも台湾で話題となったのが、9月20日に放送された第9話の終盤で披露された、大和田が半沢に“馬乗り”になって土下座を強要するシーンだ。

「香港の日刊紙『リンゴ日報』台湾版では、この土下座について《半沢が大和田に馬乗りにされる屈辱。土下座で叫んだ千倍返し》と報じ《大和田が半沢の背に乗り、土下座謝罪を強要する場面は素晴らしい》と称賛していました」(スポーツ紙記者)

 注目を浴びたシーンはほかにもある。最終回で、片岡愛之助演じる国税庁職員の黒崎が半沢の股間をつかもうとするのを寸前で半沢がブロックする場面だ。

「報じたのはやはり『リンゴ日報』。記事では《片岡愛之助の演じる黒崎皇后は最終話でかなりのアグレッシブさを見せた。半沢の股間を握ろうとすらしたのだ。幸運なことに、半沢はとっさの対応を見せ、股間のブロックに成功した》と書かれました。実は黒崎は台湾で『黒崎皇后(娘娘)』と呼ばれており、その独特のキャラで絶大な人気を誇っているんです」(前出・スポーツ紙記者)

「半沢直樹」がもたらした社会現象は、もはや国内にとどまらず海外にまで波及し、様々にイジられていたようだ。

(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白