芸能

「半沢直樹」片岡愛之助“黒崎”の「下腹部握り」は国際的にイジられていた!

 9月27日に最終回を迎えた日曜劇場「半沢直樹」(TBS系)。堺雅人演じる半沢が、ついに私腹を肥やす政治家・箕部啓治幹事長(柄本明)を追い詰め、公衆の面前で謝罪させ、大きな勝利を収めた。だが、それは同時に、過去に融資を行った旧東京第一銀行すなわち現東京中央銀行の責任も問われることとなり、中野渡頭取(北大路欣也)は退陣することに。半沢も責任をとって退職しようとするのだが、宿敵のライバル・大和田取締役(香川照之)に慰留されて銀行に残ることとなり、ドラマは幕を閉じた。

「『半沢直樹』は、国内だけでなく海外でも大きな反響を呼んでいます。Twitter Japanの公式アカウントでは最終回当日、半沢直樹に関するつぶやきが43万ツイートもあった模様。世界地図付きのツイッター分布図の動画もアップされましたが、中国や台湾でもつぶやかれていたことが明らかになりました」(女性誌記者)

 海外でも大きな注目を浴びた同ドラマ。中でも台湾で話題となったのが、9月20日に放送された第9話の終盤で披露された、大和田が半沢に“馬乗り”になって土下座を強要するシーンだ。

「香港の日刊紙『リンゴ日報』台湾版では、この土下座について《半沢が大和田に馬乗りにされる屈辱。土下座で叫んだ千倍返し》と報じ《大和田が半沢の背に乗り、土下座謝罪を強要する場面は素晴らしい》と称賛していました」(スポーツ紙記者)

 注目を浴びたシーンはほかにもある。最終回で、片岡愛之助演じる国税庁職員の黒崎が半沢の股間をつかもうとするのを寸前で半沢がブロックする場面だ。

「報じたのはやはり『リンゴ日報』。記事では《片岡愛之助の演じる黒崎皇后は最終話でかなりのアグレッシブさを見せた。半沢の股間を握ろうとすらしたのだ。幸運なことに、半沢はとっさの対応を見せ、股間のブロックに成功した》と書かれました。実は黒崎は台湾で『黒崎皇后(娘娘)』と呼ばれており、その独特のキャラで絶大な人気を誇っているんです」(前出・スポーツ紙記者)

「半沢直樹」がもたらした社会現象は、もはや国内にとどまらず海外にまで波及し、様々にイジられていたようだ。

(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
綾瀬はるかが登場!?「青天を衝け」視聴率爆下げもNHKが企む秘策とは?
5
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?