芸能

石原さとみ、3作連続不振で「ドラマの主役から転落?」観測も出る女優正念場

 石原さとみの主演ドラマはこれでしばらく見納めとなるのか。9月24日に最終回を迎えた「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の苦戦ぶりが、石原の今後に暗い影を落としているという。

「平均視聴率は9.6%に留まり、『半沢直樹』『私の家政夫ナギサさん』(いずれもTBS系)など視聴率2ケタ越えのドラマが4作品もあった今期では残念な結果になりました。本作では主演・石原の脇を成田凌や田中圭、西野七瀬、真矢ミキといった豪華な顔ぶれで固めていましたが、目立っていたのは《こんな薬剤師いないよ!》というネガティブな話題ばかり。作品がブレイクしたとは言いがたいのが実情です」(テレビ誌ライター)

 もちろんドラマの視聴率は主演女優の力量だけで上げられるものではない。それでも今回の結果が石原にとって、今後の女優生命を左右する転換点となってしまう恐れさえも否めないというのだ。

「石原の主演ドラマは2018年7月期の『高嶺の花』(日本テレビ系)、そして2019年7月期の『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』(TBS系)がいずれも平均視聴率で2ケタ割れ。今回で3作連続となってしまい、いよいよ《数字を持っていない》との評価が定着してしまいました。それ以前には2016年10月期の『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)と2018年1月期の『アンナチュラル』(TBS系)がそこそこ当たりましたが、この2作品については続編決定の報道があったにもかかわらず、いまだに実現していません。その理由として、数字のなさゆえに続編のゴーサインが取り下げられた可能性も取りざたされているようです」(前出・テレビ誌ライター)

 石原の所属事務所には綾瀬はるかを筆頭に、高畑充希や深田恭子、そして系列事務所には波瑠が在籍しており、主役級の女優が目白押し。それゆえ石原を主役として積極的に押し出す必要がないのではないかという観測まである。

 いずれにせよ、今後、石原に何らかの方針転換が迫られるのかもしれないが、踏ん張りと巻き返しに期待したい。

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
2
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
3
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
4
爆裂バスト芸人・薄幸、所ジョージも「感心した」“名前の秘密”
5
加藤紀子がお風呂シーンにやる気まんまん!かまいたち濱家が大興奮の艶シーン