芸能

石原さとみ、3作連続不振で「ドラマの主役から転落?」観測も出る女優正念場

 石原さとみの主演ドラマはこれでしばらく見納めとなるのか。9月24日に最終回を迎えた「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の苦戦ぶりが、石原の今後に暗い影を落としているという。

「平均視聴率は9.6%に留まり、『半沢直樹』『私の家政夫ナギサさん』(いずれもTBS系)など視聴率2ケタ越えのドラマが4作品もあった今期では残念な結果になりました。本作では主演・石原の脇を成田凌や田中圭、西野七瀬、真矢ミキといった豪華な顔ぶれで固めていましたが、目立っていたのは《こんな薬剤師いないよ!》というネガティブな話題ばかり。作品がブレイクしたとは言いがたいのが実情です」(テレビ誌ライター)

 もちろんドラマの視聴率は主演女優の力量だけで上げられるものではない。それでも今回の結果が石原にとって、今後の女優生命を左右する転換点となってしまう恐れさえも否めないというのだ。

「石原の主演ドラマは2018年7月期の『高嶺の花』(日本テレビ系)、そして2019年7月期の『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』(TBS系)がいずれも平均視聴率で2ケタ割れ。今回で3作連続となってしまい、いよいよ《数字を持っていない》との評価が定着してしまいました。それ以前には2016年10月期の『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)と2018年1月期の『アンナチュラル』(TBS系)がそこそこ当たりましたが、この2作品については続編決定の報道があったにもかかわらず、いまだに実現していません。その理由として、数字のなさゆえに続編のゴーサインが取り下げられた可能性も取りざたされているようです」(前出・テレビ誌ライター)

 石原の所属事務所には綾瀬はるかを筆頭に、高畑充希や深田恭子、そして系列事務所には波瑠が在籍しており、主役級の女優が目白押し。それゆえ石原を主役として積極的に押し出す必要がないのではないかという観測まである。

 いずれにせよ、今後、石原に何らかの方針転換が迫られるのかもしれないが、踏ん張りと巻き返しに期待したい。

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
3
Gカップはどこへ?夏菜、最新ショットで急浮上した衝撃の「バスト縮小」疑惑!
4
姉・平愛梨を超えた!?平祐奈の胸が急成長しているッ
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)