芸能

松井玲奈、鉄道愛熱弁も「スカートから肌着丸っと見え」疑惑でネット騒然!

 元SKE48で現在は女優の松井玲奈が10月6日放送の「アメトーーク!ゴールデン3時間スペシャル」(テレビ朝日系)に出演し、鉄道への並々ならぬ愛情を存分にアピールした。

 松井はモデルの市川紗椰とともに“女性鉄道オタク“として人気企画「鉄道ファンクラブ」に登場。リーダーのお笑い芸人・中川家の礼二やタレントの石原良純らの熱量に負けない鉄道愛をアピールし、今年7月に13年ぶりのフルモデルチェンジを果たした東海道新幹線「N700S」について熱弁した。何でも、今回のリニューアルで、先頭部のライトが20%サイズアップし、LEDライトを新たに採用。「これで虫が集まることが無くなったんです」という。そんな鉄道愛を解放する松井の姿は新鮮で清々しくもあった。

 ところが、である。トークに熱中するあまり、衣装のミニ丈のスカートの隙間からアンダーウエアが見えてしまったのではないかとの懸念が殺到していたのだ。

「松井は、他の『鉄道ファンクラブ』の出演者が車掌風の衣装に身を包む中、白の制服スタイルの衣装を着用するも、このスカートの丈がなかなかの短さ。途中、何度かこのスカートの隙間からインナーが見え隠れしたようで、SNSでは『松井玲奈、ちょいちょい肌着見えてなかった?』『鉄道よりも松井玲奈ちゃんのスカートが短くて肌着が見えちゃうんじゃないかってドキドキ感がすごい』『完全に丸っと見えやん』といった意味の反応が。さらに、『スカート短くて可哀想… パンツスタイルで良いのに。座るの前提ならもう少し長いタイプのにしてあげて』といった同情の声も出ています。その後は松井も自身の“隙間のユルさ“に気付いたのか、手でスカートを押さえつつ、必死で引っ張っているような仕草も見せていました。鉄道オタクにとっても、そうでない人にとっても、ドキドキな放送回になったと言えますね」(テレビ誌ライター)

 番組には、大手旅行会社「JTB」の時刻表雑誌の編集長まで観覧に駆け付けるほど、熱心なファンにとってはたまらない企画となった「鉄道ファンクラブ」。だが、一般視聴者から最もアツイ視線を集めたのは、まさかの「松井玲奈のスカート」だったのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」